SORACOM Users

SORACOM Air for セルラー
Air for セルラーからアクセスできるエンドポイント

SORACOM Air for セルラーを利用しているデバイスは、以下のエンドポイントにアクセスし各種サービスを利用できます。

上記のエンドポイントは SORACOM プラットフォーム上で提供されているため、SORACOM IoT SIM を利用するデバイスはインターネットを経由することなく閉域でアクセスできます。Virtual Private Gateway (VPG) でインターネットゲートウェイを無効にした場合やアウトバウンドルーティングフィルターですべてのアウトバウンド通信を拒否した場合もアクセス可能です。

なお、上記のエンドポイントは 100.64.0.0/10 の Shared Address Space (RFC6598) から一部レンジを利用しています。

PING 応答サービス

デバイスから SORACOM へ到達できるかの検証に、デバイスからの PING 要求に ECHO REPLY を返すエンドポイントを提供しています。

利用例

$ ping -c 4 pong.soracom.io
PING pong.soracom.io (100.127.100.127) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=1 ttl=64 time=96.8 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=2 ttl=64 time=98.1 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=3 ttl=64 time=97.1 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=4 ttl=64 time=94.1 ms

--- pong.soracom.io ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 received, 0% packet loss, time 7ms
rtt min/avg/max/mdev = 94.126/96.535/98.072/1.497 ms

メタデータサービス

メタデータサービスでは、デバイス自身が使用している IoT SIM の情報を HTTP 経由で取得、更新できます。詳細な利用方法はSORACOM Air メタデータサービス機能を使用するを参照して下さい。

利用例

$ curl metadata.soracom.io/v1/subscriber.speedClass
s1.standard

DNS サーバー

SORACOM IoT SIM を利用したデバイスがセッションを作成すると、IP アドレスや DNS サーバーが自動で設定されます。この際に設定される DNS サーバーを利用して名前解決ができます。なお、独自の DNS サーバーを利用する場合は カスタム DNS を設定する を参照してください。

利用例

$ nslookup beam.soracom.io 100.127.0.53
Server:         100.127.0.53
Address:        100.127.0.53#53

Non-authoritative answer:
Name:   beam.soracom.io
Address: 100.127.127.100

NTP サーバー

SORACOM プラットフォーム上の NTP サーバーによって、インターネットへ出ることなくデバイスの時刻を正確に保てます。当 NTP サーバーでは、うるう秒について平滑化します(Leap Smearing)。お客様はうるう秒の追加によるアプリケーションエラーを心配する必要がありません。

利用例

$ ntpdate -q ntp.soracom.io
server 100.127.0.123, stratum 3, offset -0.066860, delay 0.11462
 9 Jul 14:35:47 ntpdate[1669]: adjust time server 100.127.0.123 offset -0.066860 sec
pagetop