SORACOM Developers

SORACOM LTE-M Button powered by AWS とは

当ガイドは SORACOM LTE-M Button powered by AWS ユーザーガイドです。 SORACOM LTE-M Button powered by AWS(以降、LTE-M Button)は、日本初の AWS IoT 1-Click に対応したボタン型デバイスです。 セルラー通信で繋がり、乾電池(交換可能)で駆動し、AWS ユーザーコンソールもしくは AWS IoT 1-Clickモバイルアプリからデバイス登録するだけで、すぐに使い始めることができます。

SORACOM LTE-M Button powered by AWS

E メールや SMS の送信などの簡単なアクションを実行できるほか、AWS Lambda と連携することでクリック時に JavaScript、Java、Python、C# などの言語で記述した独自のビジネスロジックの実行が可能です。

SORACOM LTE-M Button powered by AWS の特徴

SORACOM LTE-M Button powered by AWS の連携クラウド

SORACOM LTE-M Button powered by AWS は AWS IoT 1-Click と連携し、E メールや SMS の送信などのアクションを実行できるほか、AWS Lambda と連携し独自の処理を作成できます。

SORACOM LTE-M Button powered by AWS の連携クラウド

[参考] SORACOM LTE-M Button for Enterprise の連携クラウド

SORACOM LTE-M Button for Enterprise は Beam、Funnel、Harvest を使用し、自社サーバーやクラウドサービスなど任意の接続先にデータを送信できます。

SORACOM LTE-M Button for Enterprise の連携クラウド

SORACOM LTE-M Button シリーズの比較

SORACOM LTE-M Button では以下の3種類を提供しています。それぞれの特徴は以下のとおりです。 価格についてはLTE-M Buttonをご確認ください。

LTE-M Button
for Enterprise
LTE-M Button Plus LTE-M Button
powered by AWS
ボタン
アクション
《全モデル共通》
シングル、ダブル、ロング の3アクション
外部IF - 接点 (無電圧)
シングル、ダブル、ロング
※ Open/Closeの間隔で制御
-
連携
クラウド
SORACOM Harvest
SORACOM Beam
SORACOM Funnel
AWS IoT 1-Click
おすすめの
活用法
ボタンのアクションと独自アプリケーション開発を迅速に行いたい 既存設備やセンサーと独自アプリケーションの連携を容易に実現したい AWS サービスを活用したボタンアプリケーションを素早く構築したい

SORACOM LTE-M Button powered by AWS を初めてお使いになる方

LTE-M Button を初めて使用する方には、次のセクションを順に読むことをお勧めします。

参考情報

pagetop