SORACOM Users

SORACOM Beam : 機能の説明

SORACOM Beam で使用する用語

グループ - Beamの設定はグループ単位に行います。そのグループに所属しているIoT SIMからBeamを利用できます。

エントリポイント - デバイスからの送信先となるBeamのURLはエントリポイントと呼ばれます。たとえば、HTTPエントリポイント、TCP → HTTP/HTTPSエントリポイントなどがあり、それぞれ異なるポート番号をもつBeamのエントリポイントがあります。

転送先 - エントリポイントに対して、Beamからの転送先を設定します。転送先は、例えばお客様のサーバーやクラウドサービスのURLとなります。プロトコル、ホスト名、ポート番号とパスを設定します。

ヘッダ操作 - Beamからの転送の際に、IMSI、IMEI、署名ヘッダ、事前共有鍵、カスタムヘッダを付与できます。この設定をヘッダ操作と呼びます。なお、転送先のプロトコルによって付与の形式は異なります。たとえば、転送先プロトコルが HTTP の場合は HTTP ヘッダーに付与されますが、MQTTの場合はトピックの末尾に付与されます。詳細はBeamを使用したデータの送信を参照してください。

エントリポイント

デバイスからの送信先となるBeamのエントリポイントは、デバイスからの送信プロトコルおよび転送先プロトコル毎に以下のエントリポイントが提供されています。

エントリポイント 説明
HTTPエントリポイント デバイスからHTTPリクエストを受け付け、HTTPもしくはHTTPSで転送先へリクエストを転送します。
Webサイトエントリポイント HTTPエントリポイントと同じプロトコル変換をしたうえで、リクエストパスをそのまま転送します。例えば http://beam.soracom.io:18080/path/to/targethttps://${TARGET}/path/to/target へ転送されます。
MQTTエントリポイント デバイスからのMQTTセッションを受け付け、指定のMQTTブローカーへのMQTTもしくはMQTTSセッションをプロキシします。
TCP → TCP/TCPSエントリポイント デバイスからTCPパケットを受け付け、TCPもしくはTCPSで転送先へパケットを転送します。
TCP → HTTP/HTTPSエントリポイント デバイスからTCPパケットを受け付け、メッセージをHTTPもしくはHTTPSリクエストに変換して転送先に転送します。
UDP → HTTP/HTTPSエントリポイント デバイスからUDPパケットを受け付け、メッセージをHTTPもしくはHTTPSリクエストに変換して転送先に転送します。
LoRa → HTTP/HTTPSエントリポイント LoRaWANで通信しているデバイスからの通信を受け、メッセージをHTTPもしくはHTTPSリクエストに変換して転送先に転送します。 (※LoRaデバイスから使えるBeamエントリポイントはこのエントリポイントだけです。他のエントリポイントはAir for Cellularのみ対応しています。)
Sigfox → HTTP/HTTPSエントリポイント Sigfoxデバイスからの通信を受け、メッセージをHTTPもしくはHTTPSリクエストに変換して転送先に転送します。 (※ Sigfoxデバイスから使えるBeamエントリポイントはこのエントリポイントだけです。他のエントリポイントはAir for Cellularのみ対応しています。 )

バイナリーパーサー

バリナリーパーサーとはデバイスから送信されるバイナリデータをJSONデータに変換する機能です。バイナリパーサーを利用することにより、デバイスから送信されるバイナリデータを SORACOM プラットフォーム上で JSON 形式にデコードして SORACOM Beam に送信いただくことができます。バイナリーパーサーの利用については、バイナリパーサー詳細を参照ください。

よりセキュアな使用

PrivateGarden

Private Garden は、Beam、Funnel、Harvest のエントリポイントのみにアクセスできる機能です。Private Garden 機能を適用したグループに含まれるSIMからは直接インターネットにアクセスできないため、よりセキュアにソラコムのサービスを利用できます。

PrivateGardenの利用は、Private Garden 機能を使用するを参照してください。

VPGを使用したBeam

VPG(Virtual Private Gateway)とはお客様からのリクエストに応じて個別に用意されるお客様専用のゲートウェイです。VPG の適用は、IoT SIM や各種デバイスのグループごとに設定を行います。これによって、通信を経由させる VPG をグループ単位で切り替えることができます。 VPG を適用した SIM グループでも Beam を利用できます。VPG のオプションであるVPG 固定グローバル IP アドレスオプションを使用することで、Beam 通信のアクセス元 IP アドレスを固定できます。 これにより、お客様は、IoT バックエンドシステムへのアクセス制御を IP アドレスベースで容易に設定できます。VPG を適用した IoT SIM グループに含まれる IoT SIM からのアクセスは、必ず2つの IP アドレスのうちいずれかをソース IP アドレスとした通信となります。IoT SIM の枚数が増えても同じグローバル IP アドレスからとなりますので、容易な運用でアクセス制御が可能となります。(Air for LoRa および Air for Sigfox の Beam 送信元 IP アドレスには適用できません。)

pagetop