SORACOM Developers

SORACOM LTE-M Button を様々なクラウドや SaaS で活用するアーキテクチャー例

SORACOM LTE-M Button シリーズは、設定不要の eSIM+LTE-M でどこでもつながります。電源は交換可能な単4電池2本で、小型で持ち運びも可能で、ボタンやセンサーの情報を様々なクラウドや SaaS (Software as a Service)と連携することが可能です。

はじめに

当ガイドでは Amazon Web Services (以下 AWS)、 Microsoft Azure (以下 Azure)、 Google Cloud Platform (以下 GCP)、 IBM Cloud 4社の FaaS (Function as a Service) と連携方法を解説します。

Amazon Web Services (AWS) と組み合わせる

AWS の Faas である AWS Lambda との組み合わせを実現するデザインパターンは以下の通りです。

デザインパターン
button_design_patterns / Button - AWS IoT 1-Click, AWS Lambda
AWS サービスを活用したボタンアプリケーションを素早く構築したい方向け
button_design_patterns / Button - Beam - Amazon API Gateway, AWS Lambda
AWS サービスとの連携を最大限に活用したい方向け
button_design_patterns / Button - Funnel - AWS IoT Core, AWS Lambda
SORACOM LTE-M Button for Enterprise や Plus で AWS IoT 1-Click 同様の素早いアプリケーション構築を行いたい方向け

SORACOM LTE-M Button powered by AWS を利用する構成

AWS サービスを活用したボタンアプリケーションを素早く構築したい場合は、SORACOM LTE-M Button powered by AWS を利用することで AWS IoT 1-Click を通じて AWS Lambda と連携することができます。

button_design_patterns / Button - AWS IoT 1-Click, AWS Lambda

具体的な方法は SORACOM LTE-M Button powered by AWS の Getting Started をご覧ください。

SORACOM Beam + Amazon API Gateway パターン

SORACOM LTE-M Button for Enterprise もしくは Plus からAWS の各サービス連携を最大限に活用したい場合は、SORACOM Beam から Amazon API Gateway を呼び出す方法があります。
標準では URL を知っていればどこからでもコール可能となっており、SORACOM Beam との連携も容易です。また、 HTTP リクエストを認証する仕組みも追加で実装することができます。

SORACOM LTE-M Button for Enterprise / Plus を用いて AWS IoT 1-Click と同様のレベルで素早いアプリケーション構築を行いたい方は、SORACOM Funnel + AWS IoT Core パターン も検討してみてください。

button_design_patterns / Button - Beam - Amazon API Gateway, AWS Lambda

具体的な方法は SORACOM Beam + Amazon API Gateway パターン をご覧ください。

SORACOM Funnel + AWS IoT Core パターン

SORACOM LTE-M Button for Enterprise / Plus で AWS IoT 1-Click と同様のレベルで素早いアプリケーション構築を行いたい場合は、SORACOM Funnel から AWS IoT Core を通じて AWS Lambda を利用する方法があります。

AWS IoT Core を経由することで、AWS Lambda だけでなく様々な AWS サービスとの連携を容易に行うことも可能となります。

button_design_patterns / Button - Funnel - AWS IoT Core, AWS Lambda

具体的な方法は SORACOM Funnel + AWS IoT Core パターン をご覧ください。

Microsoft Azure と組み合わせる

Azure の Faas である Azure Functions との組み合わせを実現するデザインパターンは以下の通りです。

デザインパターン
button_design_patterns / Button - Beam - Azure Functions
素早いボタンアプリケーションを構築したい方向け
button_design_patterns / Button - Funnel - Azure Event Hubs, Azure Functions
大量のデータストリームの処理を必要とするアプリケーション向け

Azure Functions は、それ自身で Webhook (HTTP トリガー) を受けることも可能であるため、SORACOM Beam からの利用が非常に容易となっています。
一方で、Azure Functions の Webhook の呼び出し制約もあるため、大量のデータを常時受け付けるようなアプリケーションになる場合は SORACOM Funnel + Azure Event Hubs パターンも検討します。ただし、Azure Event Hubs は仮想サーバの課金体系に近く、データの発生頻度や量によっては費用が割高になる可能性もあるため、コスト面からの検討も必要となります。

SORACOM Beam + Azure Functions パターン

素早いボタンアプリケーションを構築したい場合は、SORACOM Beam から Azure Functions の Webhook を呼び出す方法があります。

button_design_patterns / Button - Beam - Azure Functions

具体的な方法は SORACOM Beam + Azure Functions パターン をご覧ください。

SORACOM Funnel + Azure Event Hubs パターン

大量のデータストリームの処理を必要とするアプリケーションを構築したい場合は、SORACOM Funnel から Azure Event Hubs を通じて Azure Functions を利用する方法があります。

button_design_patterns / Button - Funnel - Azure Event Hubs, Azure Functions

具体的な方法は SORACOM Funnel + Azure Event Hubs パターン をご覧ください。

Google Cloud Platform と組み合わせる

GCP の Faas である Google Cloud Functions との組み合わせを実現するデザインパターンは以下の通りです。

デザインパターン
button_design_patterns / Button - Beam - Google Cloud Functions
素早いボタンアプリケーションを構築したい方向け
button_design_patterns / Button - Funnel - Google Cloud Pub/Sub, Google Cloud Functions
関数の保護を手軽に実現したい、もしくは、大量のデータストリームの処理を必要とするアプリケーション向け

Google Cloud Functions は、それ自身で Webhook (HTTP トリガー) を受けることも可能であるため、SORACOM Beam からの利用が非常に容易です。
標準では URL を知っていればどこからでもコール可能となっています。 HTTP リクエストを認証する仕組みは Google Cloud Functions とは別に用意する必要があります。Google Cloud Functions の公式ドキュメントでは二つの方法が紹介されていますが、そのうち1つの Google Cloud Pub/Sub を使用する方法は SORACOM Funnel + Cloud Pub/Sub パターンで利用可能なため、関数の保護を手軽に実現したい場合にはそちらも検討します。

SORACOM Beam + Google Cloud Functions パターン

素早いボタンアプリケーションを構築したい場合は、SORACOM Beam から Google Cloud Functions の Webhook を呼び出す方法があります。

button_design_patterns / Button - Beam - Google Cloud Functions

具体的な方法は SORACOM Beam + Google Cloud Functions パターン をご覧ください。
※ こちらでは SORACOM Beam の署名機能を利用して Google Cloud Functions 単体での認証手法も解説しています。

SORACOM Funnel + Google Cloud Pub/Sub パターン

関数の保護を手軽に実現したい、もしくは、大量のデータストリームの処理を必要とするアプリケーションを構築したい場合は、SORACOM Funnel から Google Cloud Pub/Sub を通じて Google Cloud Functions を利用する方法があります。

button_design_patterns / Button - Funnel - Google Cloud Pub/Sub, Google Cloud Functions

具体的な方法は SORACOM Funnel + Google Cloud Pub/Sub パターン をご覧ください。

IBM Cloud と組み合わせる

IBM Cloud の Faas である IBM Cloud Functions との組み合わせを実現するデザインパターンは以下の通りです。

デザインパターン
button_design_patterns / Button - Beam - IBM Cloud Functions
IBM Cloud でボタンアプリケーションを構築したい方向け

IBM Cloud Functions は、それ自身で Webhook (HTTP トリガー) を受けることも可能であるため、SORACOM Beam からの利用が容易となっています。
標準では URL を知っていればどこからでもコール可能となっています。 HTTP リクエストを認証する仕組みは 追加で設定を行うことで可能です。

SORACOM Beam + IBM Cloud Functions パターン

IBM Cloud でボタンアプリケーションを構築したい場合は、SORACOM Beam から IBM Cloud Functions の Webhook を呼び出す方法があります。

button_design_patterns / Button - Beam - IBM Cloud Functions

具体的な方法は SORACOM Beam + IBM Cloud Functions パターン をご覧ください。

pagetop