SORACOM Users

SORACOMをリモートアクセスに活用するアーキテクチャー例

SORACOM プラットフォームを活用して職場のPCなどに遠隔から安全にリモートアクセスするためのハードウェア、ソフトウェアの組み合わせ例とその方法を解説します。

当ガイドで扱う組み合わせ

 

いずれの組み合わせでも、リモートアクセス先のPCに3G/LTE通信機能を追加するためのハードウェアとしてUSBドングルを用意し、SORACOM IoT SIMをセットしUSBポートに装着します。

SORACOMをリモートアクセスに活用する構成

3G/LTE通信およびSORACOM IoT SIMの設定は各種デバイスで SORACOM Air を使用するをご覧ください。

Microsoft リモートデスクトップとSORACOM Napter

Microsoft社が開発するリモートデスクトップはWindows OSの遠隔アクセス機能で、PCやMac、スマートデバイス向けのクライアントソフトが利用できます。リモートデスクトップ機能はLANなどネットワーク向けに利用されることが多いですが、SORACOM Napterを用いてインターネットを経由し遠隔から利用することができます。

Microsoft リモートデスクトップとSORACOM Napterの構成

職場のPCでリモートデスクトップ接続を有効にし、Napterのデバイス側ポートに 3389 を指定します。遠隔のPCがWindowsやmacOSであれば、設定完了画面からダウンロードできるリモートデスクトップ(.rdp)形式のファイルをリモートデスクトップ接続クライアントで開くことで簡単に接続できます。

Napter設定完了画面

VNCとSORACOM Napter

VNCは画面転送ソフトウェアで、様々な機能拡張やクライアントソフトがあります。SORACOM Napterを用いてインターネットを経由し遠隔からVNC接続が利用できます。

VNCとSORACOM Napterの構成

手順はSORACOM Napter を利用してIoTデバイスにVNCでリモートアクセスするを参照してください。

TeamViewerとSORACOM IoT SIM

TeamViewerは、TeamViewer社が開発するリモートアシスト機能を持つソフトウェアです。中継サーバーを介してID/パスワードでリモートからのアクセスを許可します。

TeamViewerとSORACOM IoT SIMの構成

職場のPCでTeamViewerを実行してSORACOM IoT SIMを用いて3G/LTE通信経由でTeamViewer中継サーバーに接続、遠隔からのリモートアクセスを受け付けます。

Google ChromeリモートデスクトップとSORACOM IoT SIM

ChromeリモートデスクトップはGoogle社が開発するWebブラウザの拡張機能でリモートデスクトップ機能を提供します。中継サーバーを介してデバイス名とPINでリモートからのアクセスを許可します。

Google ChromeリモートデスクトップとSORACOM IoT SIMの構成

職場のPCでChrome Webブラウザを実行し、SORACOM IoT SIMを用いて3G/LTE通信経由でChromeリモートデスクトップ中継サーバーに接続、遠隔からのリモートアクセスを受け付けます。

トラブルシューティング

職場のPCのソフトウェアやネットワーク構成によってはうまく接続できないことがあります。以下を確認します。

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Funk

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

SORACOM Krypton

SORACOM Lagoon

SORACOM Mosaic

SORACOM Napter

SORACOM LTE-M Button

GPS マルチユニット SORACOM Edition

IoT 体験キット

Device

サービス機能詳細

Developer Tools

Design Patterns

pagetop