SORACOM Developers

Documents

SORACOM Gate の Public Gate 機能でデバイス間通信を試す

はじめに

SORACOM Gate(以下、Gate)はお客様のネットワークとデバイスを LAN 接続し、IoT デバイスへのセキュアな接続を実現するサービスです。Gateは、VPG (Virtual Private Gateway) と呼ばれるゲートウェイを使って、(1) お客様のネットワークからデバイスへ直接アクセスするための機能、(2) IoT SIMでネットワーク接続しているデバイス間で通信を行う機能、(3)デバイスに固定のプライベートIPを割り当てる機能を提供します。

通常、GateではVPG (Virtual Private Gateway)と呼ばれるゲートウェイをお客様のアカウント専用に作成し、そのVPGを通じてデバイスとお客様のシステム間の通信、デバイス間の通信を行います。VPGはお客様専用のものが用意されるため、セットアップ費用やお客様側での設定作業が必要です。

このドキュメントでは、ソラコムが用意したVPG (Virtual Private Gateway)を使って、Gateによるデバイス間通信を簡易的に試すことができる機能である、「Public Gate機能」の使い方を解説します。この機能を使うとお客様自身でVPGをセットアップする必要なく、すぐにデバイス間通信を試すことができます。検証作業など、デバイス間通信を一時的に試したい時にご利用ください。

本ドキュメントの前提条件は以下のとおりです。

当ドキュメントでは以下のステップでPublic Gateの利用方法を解説します。

注意
Public Gateのご利用にあたっては、いくつか注意が必要なポイントがあります。あらかじめ注意事項をご確認ください。

ステップ1: Public Gate を有効化する

Public Gate の有効・無効はグループ単位で設定します。まずPublic Gateを有効化したいグループに対して設定を行いましょう。

ユーザーコンソールのグループ一覧画面でPublic Gateを有効化したいグループをクリックし、グループ設定画面の「基本設定」タブから「SORACOM Air 設定」を開きます。

続いて「SORACOM Air 設定」のメニューを開きます。「VPG (Virtual Private Gateway) 設定」のスイッチを「ON」にセットし、プルダウンメニューから「Shared VPG for Public Gate」を選択します。

Public Gate設定画面

下方の「保存」ボタンをクリックすれば設定完了です。これでPublic Gateが有効化されました。

ステップ2: Public Gate を利用するIoT SIMをグループに登録する

続いて、Getting Started Guide 「ユーザーコンソールの使い方:IoT SIM のグループ変更」を参考に、IoT SIMをステップ1で設定したグループに登録します。

IoT SIM グループの VPG 設定を変更したときには、設定を反映させるために3G/LTEセッションの再作成が必要です。既に通信中のデバイスがあれば、以下いずれかの方法でセッションを再作成してください。

ステップ3: デバイス間で通信ができることを確認する

ここまでの設定が終わると、グループに登録されたIoT SIMで通信しているデバイスはPublic Gateを利用したデバイス間通信ができる状態になっています。一方のデバイスからもう一方のデバイスのプライベートIPに対して通信を行い、疎通が取れることを確認してみましょう。

もし疎通が取れない場合には以下の項目をお確かめください。

ステップ4: Public Gate を無効化する

IoT SIMのよるデバイス間通信が不要となった場合には、設定を無効化します。

ユーザーコンソールでは、グループ設定画面の「基本設定」タブから「SORACOM Air 設定」を開き、「SORACOM Air 設定」のメニューで「VPG (Virtual Private Gateway) 設定」のスイッチを「OFF」にセットするとPublic Gateの設定が無効化されます。


注意事項

Public Gate機能を利用する際には以下のポイントにご注意ください。

デバイスのセキュリティ対策

Public Gate は他のSORACOMユーザと VPG を共用するモデルになっています。他のユーザの所有する SORACOM IoT SIM からもお客様のデバイスに対する通信が可能となるため、デバイスへの意図しないアクセスを防ぐためにセキュリティ対策を十分に行ってください。

具体的なポイントは FAQ: Public Gate を利用するときの注意点 を参照してください。

ご利用料金

Private Garden 機能の利用における料金は発生しませんが、SORACOM Beam, Funnel, Funk, Harvestといったアプリケーション連携サービスの利用料金は発生します。

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Funk

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

SORACOM Krypton

SORACOM Lagoon

SORACOM Napter

Gadgets

Device

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop