SORACOM Developers

Documents

SORACOM Air SIMの状態

はじめに

SORACOM AirではSubscriber(SIM)の状態として、以下5つを定義しています。ここでは各状態の意味・挙動について解説します。

合わせて、SIMの状態に関わる以下の項目についても解説します。

各状態における料金については、料金表をご参照ください。

SORACOM Air SIMの各状態

準備完了 (ready) 状態

意味

購入されたSIMがお客様のアカウントに登録され、実際に使えるようになった状態です。

料金

この状態になった時点から別の状態に移行するまでの間、当該SIMについて「利用開始前」の基本料金が発生します。

他の状態への遷移

準備完了状態のSIMは、ユーザコンソールあるいはAPIコールにて使用開始/ 休止 / 解約操作を行うことが可能で、同操作により状態は使用中 / 休止中 / 解約済みに遷移します。

注意
「準備完了」状態にあるSIMを使って実際にデバイスから通信開始処理を行った場合には、SIMの状態は自動的に「使用中」状態に移行します。

使用中 (active) 状態

意味

SIMがデータ通信に利用可能である状態です。

料金

この状態になった時点から解約操作を行うまでの間、「利用開始後」の基本料金が発生します。また、通信量に応じてデータ通信料金が発生します。

他の状態への遷移

使用中状態のSIMは、コンソールあるいはAPIコールにて休止 / 利用中断 / 解約操作を行うことが可能で、同操作により状態は休止中 / 利用中断中 / 解約済みに遷移します。

注意
一度でも「使用中」状態となったSIMを「準備完了」に戻すことは出来ません。ただし、「休止中」「利用中断中」に設定することは可能です。

休止中 (inactive) 状態

意味

データ通信のためのセッション確立要求を一時的に拒否するように設定した状態を意味します。この状態にあるSIMでは、デバイスがデータ通信を行おうとしても、セッションを確立できないことから、データ通信を行うことは出来ません。何らかの理由で一時的にデバイスからの通信を禁止したい場合等にご活用ください。

料金

なお、SIMの状態が休止中であっても、使用中と同じ料金が発生します。また、SMS対応のSIMでは、休止中でもSMSの送受信は可能です。「利用開始後」の基本料金およびSMS送信にあたっては料金が発生します。この状態である間は通信ができなくなるため、データ通信料金は発生しません。

他の状態への遷移

休止中状態のSIMは、コンソールあるいはAPIコールにて利用開始 / 解約操作を行うことが可能で、同操作により状態は使用中 / 解約済みに遷移します。

注意
  • 「休止中」状態のSIMであっても基本料金は課金されます。また、SMS付きSIMでSMSを利用した際には料金が発生します。
  • 「休止中」状態のSIMをデバイスに挿したままにする場合、デバイスの電力消費に注意が必要です。詳しくは当ドキュメントの「休止中・利用中断中のデバイスでの注意事項」を参照してください

利用中断中 (suspended) 状態

意味

この状態も、休止中 (inactive) 状態と同様にデータ通信のためのセッション確立要求を一時的に拒否するように設定した状態を意味します。ただし、休止中状態とは課金体系が異なります。長期間SIMを利用する予定がないときには、休止中よりも利用中断中とした方が料金を低く抑えられる場合があります。

料金

他の状態から利用中断中状態に設定する際には設定変更料金が発生します。また、基本料金が「利用中断中」の金額で課金されます。この状態である間は通信ができなくなるため、データ通信料金は発生しません。

他の状態への遷移

利用中断中状態のSIMは、コンソールあるいはAPIコールにて利用開始 / 解約操作を行うことが可能で、同操作により状態は使用中 / 解約済みに遷移します。

なお、ユーザコンソールからは操作が行えませんが、現時点の仕様ではAPIコールにて利用中断中から休止中へ遷移させることも可能です。ただし、この状態遷移によるメリットはありません。

注意
  • 他の状態から「利用中断中」状態に設定する際には設定変更料金が発生します。また、基本料金も発生します。
  • 「利用中断中」状態のSIMをデバイスに挿したままにする場合、デバイスの電力消費に注意が必要です。詳しくは当ドキュメントの「休止中・利用中断中のデバイスでの注意事項」を参照してください

解約済み (terminated) 状態

意味

SIMの解約操作を行った状態を意味します。解約済み状態のSIMはしばらくの間お客様のアカウントに記録として残りますが、その後アカウントからは完全に削除されます。

料金

この状態になった時点で、SIMの基本料金の課金は停止します。解約後は通信ができなくなるため、データ通信料金も発生しません。

他の状態への遷移

他の状態に遷移させることはできません。

注意
一度「解約済み」状態となったSIMを「使用中」 / 「休止中」 / 「利用中断中」/ 「準備完了」に戻すことは出来ません。

APIを使用したSIMの状態の確認

これまでご紹介した「SORACOM Air SIMの状態」は、APIコマンドラインインターフェース(CLI)メタデータサービスで確認することができます。

API の場合、以下にアクセスすることで subscriber(SIM) の情報を取得することができます。

https://api.soracom.io/v1/subscribers/{SIMのIMSI}

以下のようにSIMの情報を取得することができます。(CLI、メタデータサービスでも同様です。)

{
  "imsi": "44010xxxxxxxxxx",
  "msisdn": "81xxxxxxxxxx",
  "ipAddress": "10.xxx.xxx.xxx",
  "apn": "soracom.io",
  "type": "s1.fast",
  "groupId": "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
  "createdAt": 1437119287341,
  "lastModifiedAt": 1448436038512,
  "expiredAt": null,
  "terminationEnabled": false,
  "status": "active",
  "tags": {
    "name": "moto"
  },
  "sessionStatus": {
    "lastUpdatedAt": 1448419048209,
    "imei": "xxxxxxxxxxxxxxx",
    "location": null,
    "ueIpAddress": "10.yyy.yyy.yyy",
    "dnsServers": [
      "100.127.0.53",
      "100.127.1.53"
    ],
    "online": true
  },
  "speedClass": "s1.fast",
  "moduleType": "nano",
  "plan": 1,
  "expiryTime": null,
  "operatorId": "OPxxxxxxxxxx",
  "createdTime": 1437119287341,
  "lastModifiedTime": 1448436038512
}

SIM の状態は、「status」の値で確認することができます。

また、これ以外にも、以下のようにSIMの情報を取得できます。

API、CLI、メタデータサービスの利用方法は、それぞれ以下を参照してください。

休止中・利用中断中のデバイスでの注意事項

休止中/利用中断中状態においては、デバイスと無線基地局との間の3G/LTE通信リンク自体は確立可能となっています。そのため、デバイス側の実装によってはデータ通信セッション確立のための要求が繰り返し送られる可能性があり、デバイス側の電力消費が継続してしまうことも考えられます。長時間にわたって休止中/利用中断中のSIMをデバイスに挿したままにする場合には、あらかじめデバイス側の再接続処理の調整を行っておくことを推奨します。

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop