SORACOM Users

SORACOM Harvest とは

当ガイドは SORACOM Harvest ユーザーガイドです。

SORACOM Harvest(以降、Harvest)とは、IoT デバイスからのデータやファイルを収集・蓄積するサービスです。SORACOM Air が提供するセルラー通信、LPWAでの通信を使って、IoT デバイスのセンサーデータ等を手間なくクラウドにアップロードできます。お客様は、保存されたデータを SORACOM のユーザーコンソールでグラフや地図にマッピングできます。

Harvest には データを収集・蓄積する Harvest Data と ファイルを収集・蓄積する Harvest Files があります。

Harvest概要

SORACOM Harvest の特徴

容易なデータ・ファイルの収集と蓄積

Harvest を利用することで、お客様は IoT デバイスと SORACOM Air があれば、別途サーバーやストレージを準備することなく、データおよびファイルの送信、保存、可視化までの一連の流れを手軽に実現できます。

IoTデバイスからのデータおよびファイルをクラウドにアップロードする場合、一般的には暗号化およびクラウドサービスの認証情報を付与したり、クラウドサービスの提供する SDK を使用してデータを送信したりする必要があります。SORACOM Harvest を使用する場合、SORACOM Air から SORACOM Harvest エンドポイントに HTTP (Harvest Data の場合 TCP、UDP その他 Sigfox, LoRaWAN などの LPWA でも可能) で送信することで簡単に蓄積できます。SIM (LPWAの場合デバイス固有のID)が認証キーとなるため、認証情報をデバイスに保持し、リクエストに付与する必要はありません。さらにセルラー通信網内のセキュアなネットワークで処理されるため、暗号化は不要となり、IoT デバイスの CPU リソースを抑えることができます。

ユーザーコンソールでの確認・操作

Harvest Data に蓄積されたデータはユーザーコンソールや API から確認できます。

Harvest概要

Harvest Files ではユーザーコンソールや API からファイルのダウンロード・アップロードができます。

Harvest概要

データの可視化 (Harvest Data)

Harvest Data に蓄積されたデータはユーザーコンソールからグラフ(折れ線、棒グラフ、積み上げ)および地図形式で簡易的に確認できます。よりカスタマイズしたい場合は SORACOM Lagoon をご利用ください。

Harvest概要

Harvest概要

Unified Endpointによる複数サービスの利用 (Harest Data)

Unified Endpoint は、統合された一つのエンドポイントで Harvest Data だけでなく、SORACOM Beam(Beam)、SORACOM Funnel(Funnel)、SORACOM Funk(Funk) にデータを送信できます。また、Unified Endpoint に送信したデータを複製し、複数のサービスに転送できます。Unified Endpoint を利用することで IoT デバイス側ではデータの送信先を Unified Endpoint に固定しつつ、利用のサービスを切り替えることができます。

Unified Endpointによる複数サービスの利用

SORACOM Harvest のユースケース

Harvestは以下のような利用ができます。

デバイスが送っているデータ(ペイロード)をクイックに確認したい

IoT デバイスと SORACOM Air を利用すればサーバーやクラウドサービスを用意することなくデータを確認できます。 Harvest Data を用いれば IoT デバイスがどのようなデータを送信しているのかをクイックに確認できます。

手間なくデータを可視化、画像やログデータなどをアーカイブ

IoT デバイスから送信されたデータおよびファイルはユーザーコンソールや API から確認およびダウンロードできるほか、Harvest Data ではユーザーコンソールからグラフ(折れ線、棒グラフ、積み上げ)および地図で送信されたメッセージを確認できます。

また、Harvest Filesを利用してデバイスから画像や時系列データなどをアーカイブとして送信、保存できます。

IoTデバイスのファームウェア適用

クラウド側(ユーザー側)から Harvest Files の APIやコンソールと使用して、ファイルをアップロードし、IoTデバイスからダウンロードできます。 例えば、定期的にファイルのEtag(ファイルのエンティティタグ)を参照して、ファームウェアの更新を確認し、更新があったらダウンロードしてリスタートを行うことで、手間なくファームウェア適用を行うことができます。

サービスやプロダクトのライフサイクルに応じた利用

サービスやプロダクト開発の初期段階では、クイックにデータを可視化したいケースが多くあります。 Harvest Data ではデータの蓄積、および可視化までが提供されています。

開発の初期段階では Harvest Dataを利用し要望を収集し、その後要望に応じで Beam や Funnel を使用して、自社サーバーやクラウドサービスを利用できます。高度なダッシュボードやダッシュボードの共有ではSORACOM Lagoonを利用することも可能です。

これらのサービスは Unified Endpoint に対応しており、IoT デバイスの設定を変更する必要はありません。

SORACOM Harvest を初めてお使いになる方

SORACOM Harvest を初めて使用する方には、次のセクションを順に読むことをお勧めします。

参考情報

pagetop