SORACOM Developers

SORACOM Inventory とは

当ガイドは SORACOM Inventory 開発者ガイドです。 SORACOM Inventory(以降、Inventory)はオープンな規格であるLwM2M を利用したデバイス管理のためのサービスです。LwM2M とはOMA (Open Mobile Alliance) が定めた軽量の M2M 用プロトコルです。Inventory では、このプロトコルを利用してデバイスとSORACOMプラットフォームで通信を行い、APIやユーザーコンソールから、デバイスのデータの読み書き(Read, Write)、コマンドの実行(Execute)、デバイス情報の更新通知を取得(Observe, Unobserve)や SORACOM アプリケーションサービスを使用したクラウド連携ができます。

SORACOM Inventory のメリット

Inventory を利用するメリットは以下のとおりです。

IoT デバイスの管理

Inventoryを利用することでと、各デバイスのデータを読み書き、および実行することが可能となります。 例えば、電波強度、バッテリー残量などを始め、デバイスの状態やアプリケーションのステータスを含む様々な情報を取得可能です。GPSを搭載したデバイスをご利用であれば、位置情報を収集しデバイスの物理的なロケーション管理をすることも可能です。

また、デバイスの再起動やプロセスのリスタートといったようなコマンドをユーザーコンソールやAPIから実行することが可能です。LwM2Mに新たかじめ用意されたコマンドの他、デバイス側のエージェントを拡張することで、独自のコマンドを定義して実行することも可能です。

SORACOM Air と連携したデバイスの自動登録

Inventory では、デバイス側に LwM2M に対応したエージェント(*1)を動作させておくことでリモートでのデバイス管理を実現します。 一般的にデバイス管理サービスを利用するにあたって、デバイス登録、鍵交換が必要となりますが、Inventory では、SORACOM Airと連携したデバイスの自動登録が可能です。デバイスに認証用の鍵を置く必要はありません。

また、デバイスの登録が完了するとデバイスに接続用の鍵が生成されます。以降はこのファイルを使って Inventory と通信できるため、Wifiや有線など Air SIM 以外の通信を使用してデバイスを管理することができます。

(*1) 以下に対応したエージェントを提供しています。

SORACOM サービスを使用したクラウド連携

デバイス側で値に変化があった場合の通知(Observe *2)を SORACOM アプリケーションサービス(*3)と連携することができます。例えば、電波強度を Observe しておき、SORACOM Harvest に送ることで電波強度の推移を確認することができます。 また、SORACOM Beam、SORACOM Funnelを使用することで、お客様のサーバーやクラウドサービスにデータを送信することが可能です。

(*2) Observeとは、デバイス側で値に変化があったら通知が受けられる機能です。定期的な読み込みではなく、デバイスからの非同期通知となります。

(*3) 連携できるサービスは、SORACOM BeamSORACOM FunnelSORACOM Harvestです。

SORACOM Inventory を初めてお使いになる方

SORACOM Inventory を初めて使用する方には、次のセクションを順に読むことをお勧めします。

pagetop