SORACOM Developers

Getting Started

SORACOM の利用を始める

ここでは、SORACOM Air for セルラーの利用方法についてご紹介します。
SORACOM Air for LoRaWAN と SORACOM Air for Sigfox のご利用方法を知りたい方は、下記をご覧ください。

SORACOM について知る

SORACOM プラットフォームの概要や各サービスについての詳細を知りたい場合はソラコムのサイトをご覧ください。

SIM を利用できるデバイスを用意

日本向け Air SIM には、2つのサブスクリプションがあります。サブスクリプションによって、利用できる回線が異なります。

plan-D 日本向け Air SIM plan-D は NTT ドコモのネットワークを利用しています。SIM フリー、もしくは NTT ドコモのデバイスでご利用いただけます。 また、機器の SIM 形状(ナノ/マイクロ/標準)をご確認いただき、適切な形状の Air SIM をご購入ください。

plan-K 日本向け Air SIM plan-K は KDDI のネットワークを利用しています。KDDI 回線に対応したデバイスでご利用いただけます。機器の SIM 形状(ナノ/マイクロ/標準)はナノとなります。 デバイスに割り振られる電話番号は 020 となります。

Air SIM を購入

Air SIM は以下のような方法でご購入いただくことができます。

Air SIM を登録

購入された SIM を利用開始するには、お客様のアカウントに SIM を登録する作業が必要です。購入方法によって登録手順が異なりますのでご注意ください。

SIM の登録がうまくいかない時は FAQ「ユーザコンソールで SORACOM Air SIM の登録ができません」をご確認ください。

Air SIM を機器に挿入

Air SIM の登録が完了したら、SIM を実際にご利用になる機器に挿入してください。 SIM の挿入の仕方は機器により異なりますので各機器の取扱説明書をご確認ください。 比較的入手が簡易な USB モデム、スマートフォンやタブレット、Wi-Fi ルーターでの設定方法を下部に記載していますので参考にしてください。

アクセスポイント名 (APN) の設定

Air SIM が通信を行うためのアクセスポイント名 (APN) 設定を行います。 ご利用になる機器によって設定方法が異なります。

アクセスポイント設定

PDP Type, 認証タイプはデバイスによっては必要となる場合があります。必要に応じて設定してください。 グローバル向け Air SIM では、APNの設定に加えて、ローミングを有効化してください。

通信を行う

ここまでの設定が終わると、実際に通信ができるようになっているはずです。Air SIM を搭載した機器上で通信できることを確認してください。 初めて通信を行ったり、コンソールもしくは API で使用開始処理を行うことで、状態は 「使用中 (Active)」 に変わります。 この時点から、通信したデータ量に応じて課金が発生します。データ通信料金の詳細に関しては 利用料金 のページをご確認ください。

うまく通信できない場合

うまく通信できない時は、SORACOM Air SIM トラブルシューティングガイド に沿って設定をご確認ください。

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop