SORACOM Developers

SORACOM LTE-M Button for Enterprise のボタンクリックを SORACOM Beam でサーバーに転送する

SORACOM LTE-M Button for Enterprise のボタンクリックを SORACOM Beamでサーバーに転送する

このドキュメントでは SORACOM LTE-M Button for Enterprise のボタンクリックを SORACOM Beam でサーバーに転送する方法について記載します。今回は動作確認のために転送先としてHTTPリクエストを確認できるWebサービスであるPostBin を設定し、その様子を確認します。

当ガイドの前提は以下のとおりです。

SORACOM LTE-M Button for Enterprise(以下 Enterprise ボタン)はボタンをクリックすると Unified Endpoint にデータを送信します。 Unified Endpoint に対応する SORACOM Beam、SORACOM Funnel、SORACOM Harvest のいずれかを設定することで、ボタンクリックを可視化し、クラウドサービスと連携できます。Enterprise ボタンのハードウェアはSORACOM LTE-M Button powered by AWSの仕様と同様です。

ステップ1: 転送先としてPostBin を構成する

PostBinは30分間有効なURLを発行し、そのURLに送ったリクエストを確認できるWebサービスです。 https://postb.in/ にアクセスし、[Create Bin]ボタンをクリックしURLを発行します。

コマンド実行例に表示される https://postb.in/XXXXX をBeamの転送先として利用するので、XXXXX 部分の文字列をコピーし控えておきます。

ステップ2: SIM管理の画面から Enterprise ボタンを確認する

Enterprise ボタンは、 Air SIM 管理画面では plan-KM1 のSIMのひとつとして表示されます。 plan-KM1 のSIMと同様にステータスの変更や SIM グループの設定が可能です。ボタンの識別は、ボタンの裏蓋を開けた面のラベルに印字されている DSN が SIM の Name タグおよび DSN タグに対応します。なお、Enterprise ボタンはクリック時の短い時間のみオンラインになるため、セッション状態の表示はオフラインが正常です。

ステップ3: SIMグループを作成する

今回は動作確認として Enterprise ボタン用のグループを作成し、そのグループにEnterprise ボタンを登録します。まず Air SIM 管理画面を開いて、Enterprise ボタンの SIM にチェックマークを付けます。続いて、[操作] ボタンから [所属グループ変更] を選択します。

所属グループを選択するためのダイアログが表示されたら、[新しい所属グループ] ドロップダウンから [新しいグループを作成…] を選択します。

以下のようなグループ作成ダイアログが表示されます。グループの名称を入力して [グループ作成] ボタンをクリックします。 今回は“button-beam"というグループ名で作成します。

[グループ作成] ボタンを押すと元の [SIM の所属グループ変更] ダイアログに戻ります。 [新しい所属グループ] ドロップボックスが、今作成した button-beam グループになっていることを確認し [グループ変更] ボタンを押します。

先ほど作成した button-beam グループに対し、バイナリパーサとSORACOM Beam の設定を行います。SIM の[グループ列]にある[button-beam]リンクをクリックします。

[SORACOM Air for Cellular 設定] グループの下方にある[バイナリパーサ設定]スイッチをONに設定し、[フォーマット]に@buttonと入力、保存ボタンをクリックします。

[SORACOM Beam 設定] グループに設定を追加します。[ + ] - [UDP → HTTP/HTTPS エントリポイント]をクリックします。

[SORACOM Beam - UDP → HTTP/HTTPS 設定]ダイアログが開いたら、以下を入力し保存します。

項目名 備考
ホスト名 postb.in
パス /XXXXX ステップ1でコピーした文字列をペーストします
IMSI ヘッダ ON 必須ではありませんが、転送先でどのボタンが押されたかを識別するために利用できます
ステータスコードを省略 OFFのまま Enterprise ボタンはレスポンスボディが2で始まると成功、それ以外を失敗とみなすためレスポンスのステータスコードを省略しないでください

ステップ4: クリックし PostBin でデータを確認する

Enterprise ボタンを一度クリックし、LEDインジケータがしばらくオレンジで点滅したあと緑に点灯することを確認します。最後に赤が点灯する場合は基地局との接続に失敗している可能性があるので、電波状況の良いところで再度試してください。

Postbinの画面を再読み込みし、Beamによって転送されたリクエストを確認します。

x-soracom-imsiヘッダにはEnterprise ボタンに搭載されたSIMのIMSIが確認でき、リクエストボディにはボタンクリックの内容がJSON形式で含まれます。JSONの要素は以下の通りです。

項目名 説明
clickType クリックの種類 1:シングルクリック
2: ダブルクリック
3: ロングクリック
clickTypeName クリックの種類名 SINGLE / DOUBLE / LONG
batteryLevel バッテリーレベル 0.25 / 0.5 / 0.75 / 1


以上でSORACOM LTE-M Button for Enterprise のボタンクリックを SORACOM Beamで転送し、リクエストデータが確認できました。

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

SORACOM Krypton

SORACOM Lagoon

Gadgets

Device

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop