SORACOM Users

Getting Started with GPS マルチユニット SORACOM Edition

GPS マルチユニット SORACOM Edition と SORACOM Lagoon で高度に可視化する

当ガイドでは、GPS マルチユニット SORACOM Edition から送信されたデータを SORACOM Lagoon (以下、Lagoon) で可視化する方法を説明します。SORACOM Lagoon ではよりカスタマイズされた可視化を実現でき、テンプレートのインポート機能もあります。当ドキュメントでは以下の画像のようなダッシュボードが作成できます。

以下のステップに沿って解説します。

当ガイドの前提は以下のとおりです。

ステップ 1: SORACOM Lagoon を有効化する

SORACOMのユーザーコンソールにルートアカウントでログインし、サイドメニューの「データ収集・蓄積・可視化」>「SORACOM Lagoon」メニューをクリックします。

注意
SAMユーザーでLagoonの利用開始はできません。必ずメールアドレス・パスワードでログインするルートアカウントで実施してください。

Lagoon を有効化する

「SORACOM Lagoonの利用を開始する」ボタンをクリックします。

パスワードを設定します。
このパスワードは SORACOM コンソールのルートアカウントのメールアドレスで Lagoon へログインする時に必要なパスワードとなります。

Lagoon へログインする

「SORACOM Lagoon にアクセス」ボタンをクリックします。

ルートアカウントのメールアドレスと先ほど設定したパスワードを入力しログインします。

以下のような画面が表示されていれば Lagoon の有効化・ログインは成功です。

ステップ 2: GPS マルチユニットを設定する

SORACOM Lagoon では SORACOM Harvest Data に格納されたデータをソースに可視化します。まだ SORACOM Harvest Data を設定していない場合は GPS マルチユニット SORACOM Edition と SORACOM Harvest Data で簡単に可視化するにしたがって、GPS マルチユニットのデータを SORACOM Harvest Data へ格納してください。すでに実施済みの場合は、ステップ 3 に進んでください。

ステップ 3: SORACOM Lagoon のダッシュボード作成を準備する

利用している GPS マルチユニットのデータを可視化するため、ダッシュボードを準備します。

可視化する GPS マルチユニットの IMSI を控える

ユーザーコンソールの GPS マルチユニットメニュー(コンソール左上 Menu → ガジェット管理 → GPS マルチユニット)をクリックします。

以下のように GPS マルチユニット画面が表示されます。可視化したい GPS マルチユニットの IMSI をテキストエディタなどに控えてください。ダッシュボードの作成に利用します。

サンプルダッシュボードを利用する

Lagoon では JSON 形式で記述されたモデルをインポートできます。全てのパネルを自身で作成することも可能ですが、作成したいイメージに近いサンプルダッシュボードをインポートできれば作成の時間を短縮でき、その後カスタマイズできます。

ここでは、インポートのためのテンプレートを作成します。GPS マルチユニットのサンプルダッシュボードを開き、「このダッシュボードを使う」をクリックします。当ページでは、SIM の IMSI をもとに Lagoon ダッシュボードのテンプレートを作成します。

先ほど控えた IMSI を入力し、「テンプレートを作成する」をクリックします。

これでテンプレートを作成できました。次のステップでダウンロードします。

ステップ 4: SORACOM Lagoon のダッシュボードを作成する

先ほど生成したテンプレートのダウンロード画面では「クリップボードへコピー」、「SORACOM Lagoon でインポート」をクリックしてください。なお、今後のために保存しておきたい場合は「JSON ファイルとしてダウンロード」利用してください。

「SORACOM Lagoon でインポート」をクリックすると、Lagoon のインポート画面に遷移します。「Or paste JSON」にて先ほどクリップボードにコピーした JSON を貼り付けてください。Windows の場合は Ctrl + V、Mac OS の場合は ⌘ (Command) + V で貼り付けできます。

注意
JSON ファイルが貼り付けられなかった場合は、再度先ほどのサンプルダッシュボードのページよりコピーしてください。

インポートの詳細画面に遷移するので、「Import」をクリックします。

注意
すでに Lagoon でダッシュボードを作成している場合、「作成数の上限に達しています」と表示される可能性があります。不要なダッシュボードがあれば削除した後、再度インポートしてください。削除できるダッシュボードがなければ、プランのアップグレードを検討してください。プランごとの料金は、[SORACOM Lagoon のご利用料金](https://soracom.jp/services/lagoon/price/)を参照してください。

インポートに成功すれば、ダッシュボードが表示されます。

応用: 今後のステップ

ここまでで、カスタマイズされた可視化を実現できました。今後さらに Lagoon を活用する方法を紹介します。

パネルを追加・カスタマイズする

当ドキュメントではダッシュボード設定をインポートしましたが、Lagoon ではコードを書くことなくパネルの追加やカスタマイズができます。詳細な方法はSORACOM Lagoon を利用して様々なパネルを作成するを参照してください。また、参考: サンプルダッシュボードで使用しているパネルの解説を参照してサンプルダッシュボードで使われているパネルがどのように設定されているか参考にしてください。

アラートを設定する

Lagoon では閾値に応じてアラートを送信できます。たとえば温度が 30℃を超えたらメールを送信するといったアラートを設定できます。詳細はSORACOM Lagoon を利用してアラートを設定するSORACOM Lagoon のアラートをカスタマイズするを参照してください。

ダッシュボードを共有する

Lagoon のダッシュボードは PC に限らずタブレット端末などでもブラウザ上で閲覧できます。また、Maker 以上のプランにアップグレードすると、閲覧専用のユーザーも作成できます。詳細はGetting started with SORACOM Lagoon - ダッシュボードを共有するを参照してください。

参考: サンプルダッシュボードで使用しているパネルの解説

各パネルについて解説します。なお、メトリックとは温度や湿度などの値を指します。

電波強度・バッテリー残量 : Singlestat (シングルスタット)

設定方法はSORACOM Lagoon でシングルスタットパネルを設定するも参照してください。

オプション タブ (画像はバッテリー残量の例)

値のマッピング タブ (画像はバッテリー残量の例)

現在の表・裏の向き : Dynamic Image

設定方法はSORACOM Lagoon でSORACOM Dynamic Image Panelを設定するも参照してください。

温度・湿度 : Graph (グラフ)

設定方法はSORACOM Lagoon でグラフパネルを設定するも参照してください。

軸 タブ

表示 タブ

データの履歴 : Table (テーブル)

当サンプルダッシュボードではテーブルパネルをカスタマイズしていません。カスタマイズしたい場合は SORACOM Lagoon のテーブルパネルをカスタマイズする参照してください。設定方法はSORACOM Lagoon でグラフパネルを設定するも参照してください。

デバイスの位置 : SORACOM Map

設定方法はSORACOM Lagoon でSORACOM Map Panelを設定するも参照してください。

マップ表示オプション タブ

マップ表示オプション - クエリ A オプション

各パネル設定の解説 : Text (テキスト)

設定方法はSORACOM Lagoon でテキストパネルを設定するも参照してください。

Options タブ

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Funk

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

SORACOM Krypton

SORACOM Lagoon

SORACOM Mosaic

SORACOM Napter

SORACOM Orbit

SORACOM Peek

SORACOM LTE-M Button

GPS マルチユニット SORACOM Edition

IoT 体験キット

Device

サービス機能詳細

Developer Tools

Design Patterns

pagetop