SORACOM Users

Getting Started with GPS マルチユニット SORACOM Edition

GPS マルチユニット SORACOM Editionを使用して、定期的に位置情報を送信する

当ガイドでは、GPS マルチユニット SORACOM Editionを使用して、定期的に位置情報を送信し、SORACOM Harvestで位置情報を確認します。以下のステップにそって解説します。

当ガイドの前提は以下のとおりです。

ステップ 1: GPS マルチユニットに SIM をセットする

GPS マルチユニット SORACOM Edition(以降、GPS マルチユニット)に SIM をセットします。

SIM のセットは、電源オフの状態でおこないます。 電源の状態を確認するため、ファンクションボタンを1秒押してください。LEDが点灯すれば電源が入っています。電源のオフについては、デバイスの使い方をご確認ください。

nanoSIM サイズの SIM カードをカードトレイに取り付け、カードスロットに挿入してください。

カードトレイの取り出し GPS マルチユニット カードトレイの取り出し

カードスロットへの挿入 GPS マルチユニット カードスロットへの挿入

ステップ 2: GPS マルチユニットのデバイス設定を行う

次に、ユーザーコンソールからデバイス設定を行い、送信データ、送信先の設定と行います。

ユーザーコンソールのGPSマルチユニットメニューをクリックします。

ユーザーコンソールのGPSマルチユニットメニュー

以下のように GPS マルチユニット画面が表示されます。

GPS マルチユニット画面

次に、「新規デバイス設定」をクリックします。

新規デバイス設定

「ステップ 1: GPS マルチユニットに SIM をセットする」でGPS マルチユニットにセットしたSIMを選択します。

SIMの選択新規デバイス設定

IMSI は SIM カードの台紙の裏面をご確認ください。

SIM カード

注意
SIM が表示されていない場合、「受け取り確認」されていることをご確認ください。ユーザーコンソールの「発注」画面から [受け取り確認] ボタンを押してください。「受け取り確認」後、SIM管理画面にSIMが表示されます。

「次へ:グループを選択」をクリックします。

グループを選択

GPS マルチユニットの設定は SIM グループに保存されます。 SIM グループは後から変更ができます。同じ SIM グループ内にある SIM は同じ設定を共有します。

ここでは、「新規グループを作成」を選択し、グループ名に「GPS マルチユニット - Harvest」を入力します。

新規グループ

次に、送信内容を設定します。

当ガイドでは、GPS、温度、湿度、加速度、バッテリー残量のすべてを30分置きにHarvestに送信します。

送信内容と送信先を以下のように設定します。

送信先

手動モード設定を以下のように設定します。

手動モード設定

「保存」をクリックします。

ステップ 3: 送信されたデータを確認する

では、データを送信します。 ファンクションボタンを短押し(約 1 秒間)すると、定期送信の設定に関わらず、センサーデータ(電波強度・位置情報・加速度・温度・湿 度・電池残量)をクラウドサーバに送信します。

「データを確認」ボタンをクリックします。

手動モード設定

以下のようにデータを確認できます、

手動モード設定

地図アイコンをクリックすることで、位置情報を確認できます。

手動モード設定

「GPS マルチユニット SORACOM Editionを使用して、定期的に位置情報を送信する」は以上です。

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Funk

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

SORACOM Krypton

SORACOM Lagoon

SORACOM Mosaic

SORACOM Napter

SORACOM LTE-M Button

GPS マルチユニット SORACOM Edition

IoT 体験キット

Device

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop