SORACOM Developers

SORACOM Harvest Getting Started

Raspberry Pi と SORACOM Harvest を使用してデバイスのデータをクラウドで収集・可視化する

はじめに

SORACOM Harvest(以下、Harvest) とは、IoT デバイスからのデータ収集および可視化サービスです。SORACOM Air が提供するセルラー通信を使って、IoT デバイスのセンサーデータ等を手間なくクラウドにアップロードすることができます。

デモ動画

SORACOM Harvestを使って、IoTデバイスからのデータを収集・可視化するデモ動画を紹介します。

3 つの方法でデバイスのデータを送信しています。

  1. タクトスイッチが押されたタイミングを収集、可視化
  2. 温度データを収集・可視化
  3. 超音波センサーで距離を収集・可視化

SORACOM Air の SIM、そして SORACOM Harvest を使用することで、サーバーを用意することなく簡単に IoT デバイス(ここでは Raspberry Pi)のデータを収集、可視化をおこなうことができます。

当デモでは、以下を使用しています。

なお、SORACOM では、Raspberry Pi、3G USBドングル、超音波センサーを含む一式ラズパイxソラコム キャンペーン 超音波センサーキットをご提供しています。

購入方法はこちらをご確認ください。(温度センサー、タクトスイッチは含まれておりません。)

また、使用しているスクリプトは、Github で公開していますので、ぜひお試しください。

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop