SORACOM Developers

カスタムオブジェクトを定義して、エージェントをカスタマイズする

はじめに

当ガイドでは、サンプルエージェント(SORACOM Inventory Agent for Java)を利用してカスタムオブジェクトを定義します。

Inventoryでは、LwM2Mをベースにしています。LwM2Mでは、LwM2M Registryに多くのリソースが定義されていますが、独自に定義できます。これをカスタムオブジェクトと呼びます。 カスタムオブジェクトはXML, JSONで定義します。

カスタムオブジェクトは以下の手順で行います。

  1. モデル定義XMLの作成
  2. 実装クラスの作成
  3. Main関数でモデル定義XMLと実装クラスの読み込み
  4. Inventoryへのモデル定義XMLの適用

「2. 実装クラスの作成」「3. Main関数でモデル定義XMLと実装クラスの読み込み」はクライアントエージェントの実装になります。「4. Inventoryへのモデル定義XMLの適用」はInventoryへの登録となります。 「1.」~「3.」については、SORACOM Inventory Agent for JavaReadmeをご確認ください。

また、同様に以下よりソースコードを入手可能です。 SORACOM Inventory Agent for Java

ここでは、モデル定義のInventoryへの適用方法を記載します。

Inventoryへのモデル定義XMLの適用

コンソールのメニュー[オブジェクトモデル]をクリックします。 Inventoryへのモデル定義XMLの適用

[オブジェクトモデルの追加]をクリックします。 Inventoryへのモデル定義XMLの適用

「1. モデル定義XMLの作成」で作成したデバイスオブジェクトモデルを入力します。XMLとJSON形式での入力が可能です。 Inventoryへのモデル定義XMLの適用

以下のようにカスタムオブジェクトが定義できました。 Inventoryへのモデル定義XMLの適用

定義したカスタムオブジェクトは、以下のようにコンソールから確認できます。 Inventoryへのモデル定義XMLの適用

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

SORACOM Krypton

SORACOM Lagoon

Gadgets

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop