SORACOM Developers

デバイスIDとデバイスシークレットを使用してHarvestにデータを送信する

SORACOM Inventory では、デバイス登録時に払い出されるデバイスIDとデバイスシークレットを使用した HTTP リクエストで SORACOM Harvest 連携ができます。 SORACOM Air やデバイスエージェントを使用することなく Harvest にデータを蓄積し、可視化することができます。

はじめに

当ガイドでは、デバイス登録時に払い出された Key を使用して、Air SIM を使用することなくSORACOM Harvestにデータを送信します。

当ガイドの前提は以下のとおりです。

ステップ 1: デバイスを登録する

デバイス管理メニューからデバイスを登録します。 メニューの[デバイス管理]から[デバイスを追加]を選択します。

注意
デバイス登録費用が発生します。ただし、無料枠がありますので、[SORACOM Inventory のご利用料金](https://soracom.jp/services/inventory/price/)をご確認ください。

device registration

デバイス名をグループを設定します。 device registration

デバイスを作成するとデバイスIDとシークレットキーが生成されます。必ずメモしてください。 device registration

ステップ 2: HTTP リクエストの実行

ステップ1 で払い出されたKeyを使用して Inventory と接続します。

HTTPリクエストはGET、POSTで送信できます。(デバイスがグループに所属し、そのグループでHarvestが有効になっていることを確認してください。)

いずれも {"temp":20} を送信しています。

POST

curl -X POST --header 'x-device-secret: <シークレットキー>' -d '{"temp":20}' https://api.soracom.io/v1/devices/<デバイスID>/publish

GET

curl -X GET --header 'x-device-secret: <シークレットキー>'  https://api.soracom.io/v1/devices/<デバイスID>/publish?temp=20

GET

curl -X GET https://api.soracom.io/v1/devices/<デバイスID>/publish?device_secret=<シークレットキー(URL encode)>&temp=20

シークレットキーをクエリパラメータで指定する場合は、URLエンコーディングが必要となります。

Harvestデータの確認

HTTP リクエストしたデータは、以下のように確認できます。 デバイスを選択し、「操作」→「データを確認」をクリックします。

device registration

以下のように送信データを確認できます。

device registration

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

SORACOM Krypton

SORACOM Lagoon

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop