SORACOM Developers

デバイス登録時に払い出されたKeyでデバイスを管理する

はじめに

当ガイドでは、IoT SIM を使用することなくデバイス登録時に払い出された Key を使用して、Inventoryと接続します(接続するとデバイスがオンラインとなります。)

当ガイドの前提は以下のとおりです。

ステップ 1: デバイスを登録する

デバイス管理メニューからデバイスを登録します。 メニューの[デバイス管理]から[デバイスを追加]を選択します。

注意
デバイス登録費用が発生します。ただし、無料枠がありますので、[SORACOM Inventory のご利用料金](https://soracom.jp/services/inventory/price/)をご確認ください。

device registration

デバイス名をグループを設定します。 device registration

デバイスを作成するとデバイスIDとシークレットキーが生成されます。必ずメモしてください。 device registration

ステップ 2: 払い出された Key を使用して、Inventoryと接続する

ステップ1 で払い出されたKeyを使用して Inventory と接続します。 接続方法は、 Linux向けサンプルエージェント(C クライアント)と サンプルエージェント(SORACOM Inventory Agent for Java)で異なります。

なお、エージェントのインストール方法は、SORACOM Inventoryを使用してデバイスを管理し情報を収集するを確認ください。

ステップ1-1: Linux向けサンプルエージェント(C クライアント)

Linux向けサンプルエージェント(C クライアント)の場合、シークレットキーはbase64デコードしてhex stringにする必要があります。 base64デコードおよびhex stringへの変換は、例えば以下のコマンドで取得できます。(Linuxの場合

echo <secretKey> | base64 --decode | hexdump
0000000 xx xx xx xx xx xx 2e 58 e6 a7 92 35 03 e4 eb e2
0000010

上記で取得した hex string (上記の場合 xxxxxxxxxxxx2e58e6a7923503e4ebe2)を使用してLinux向けサンプルエージェント(C クライアント)を実行します。 Linux向けサンプルエージェント(C クライアント)のインストールディレクトリから、以下のコマンドを実行します。 deviceId はデバイスID、secretKey は base64 デコードして hex string に変換したシークレットキーとなります。

$ lwm2mclient -n $(hostname) -i <deviceId> -s <secretKey> -h jp.inventory.soracom.io -p 5684 -4 -c

ステップ1-2: サンプルエージェント(SORACOM Inventory Agent for Java)

SORACOM Inventory Agent for Java のインストールディレクトリから、以下のオプションコマンドを実行します。 deviceIdsecretKey はそれぞれデバイスIDとシークレットキーとなります。

$ soracom-inventory-agent-example-start -u jp.inventory.soracom.io -i <deviceId> -p <secret>

上記のように、デバイスIDとシークレットキーを使用することで、Inventoryと接続できます。 ユーザーコンソールでデバイスがオンラインになっていることを確認してください。

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Funk

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

SORACOM Krypton

SORACOM Lagoon

SORACOM Napter

Gadgets

Device

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop