SORACOM Developers

SORACOM Air for LoRaWAN

LoRa GPS トラッカー LT-100 をセットアップする

はじめに

このドキュメントでは、LoRa GPS トラッカー LT-100 (以降、LT-100) のセットアップ方法を紹介します。SORACOM Air for LoRaWAN の全体像やユーザコンソールの使い方は SORACOM Air for LoRaWAN Getting Started を参照してください。

当ガイドの前提は以下のとおりです。

注意
本デバイスを使って SORACOM LoRa Spacce に接続ポイントを登録することはできません。接続ポイントを登録するには、LoRa Arduino 開発シールド AL-050 でソラコム提供のスケッチをお使いください。詳しくは開発者向けサイト 「LoRa Arduino 開発シールドを使用して LoRa Space に接続ポイントを登録する」 をご覧ください。

ステップ 1: LT-100 の受け入れをする

LT-100 の利用開始にあたっては、ユーザーコンソールの「発注」画面で受け入れ処理が必要です。ユーザーコンソールにログインし、受け取り確認ボタンをクリックしてください。

注意
  • ユーザーコンソールで受け取り確認ボタンを押すと、LT-100 がアカウントに登録されます。受け取り確認ボタンが押されない場合、ソラコムから発送後3日で自動的にアカウントに登録されます。
  • LoRaWAN デバイスには基本料金はありませんが、サービスの利用状況に応じて料金が発生します。
  • 現時点では、LoRaWAN デバイスを別のアカウントに登録することはできません。

ステップ 2: LT-100 をセットアップする

充電する

LT-100 をお使いになる前に、フル充電を行う必要があります。

LT-100を充電する

電源ボタンの操作

LT-100の電源ボタン

オンにする:上記の電源ボタンを押し続け、本体が振動したらボタンから手を離します。 電源LEDがボタンを押した時に1回点滅し、本体が振動したら3回点滅します。

オフにする:オンにする際と同様に、電源ボタンを推し続け、本体が振動したらボタンから手を離します。振動後に 電源LEDが 3 回点滅します。

なお、ステータス LED は以下のとおりです。

LT-100 の LED

LoRaの状態

ステータスLEDで「LoRa(無線)の状態」が点滅していれば、レポートを送信中です。

以上で、LT-100 のセットアップは完了です。 続いて LoRaWAN デバイス設定ガイドに沿ってユーザコンソールから送信先などの設定を行ってください。

参考: よくあるご質問

LoRa デバイスの製品仕様については、下記FAQにある「製品仕様の詳細」セクションを参照してください。

その他、SORACOM Air for LoRaWAN についてよくあるご質問と回答はサポートセンターFAQに掲載しております。ぜひご一読ください。

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop