SORACOM, INC.

User Console »
Getting Started

LoRa Arduino 開発シールドを使用して、LoRa Space に接続ポイントを登録する

はじめに

SORACOM LoRa Space では、ソラコムの提供する共有サービスモデルの LoRa ゲートウェイを使用できるエリアを確認することができます。また、お持ちの LoRa Arduino 開発シールド(以降、LoRa デバイス)を使用して、接続ポイントを登録し、他のユーザーとも共有することができます。

LoRaSpaceの画像

当ガイドでは、LoRa デバイス(AL-050)を使用して、LoRa Spaceに接続ポイントを登録する手順を紹介します。 USBバッテリーなどを使用して、以下のようなデバイスを持ち歩くだけで、LoRa ゲートウェイの接続ポイントを確認し、位置情報を登録することができます。

※本ドキュメントには Arduino、GPS モジュールを使用した操作ガイドを掲載しますが、あくまでもサンプルとしてのご紹介となります。ソラコムのサービス以外についてはサポート対象外となりますので、あらかじめご了承ください。GPS モジュールの使い方等はメーカーにお問い合わせください。

Device

接続履歴の参照 接続エリア

前提事項

このガイドでは、以下のデバイスの使用を前提としています。

「NEO-6M NEO-6M-0-001」 は、以下のようなGPSモジュールです。Amazon.co.jp でも入手できます。

NEO-6M-0-001

スルーホール用テストワイヤは、Arduino と GPS モジュールの接続用に使用します。当ガイドでは 4 本必要です。 こちらも Amazon.co.jpなどで購入可能です。

スルーホール用テストワイヤ

ステップ

当ガイドでは以下のステップで紹介します。

デバイスの初期設定

ここでは、LoRa デバイスとArduino、GPSモジュールを取り付けます。 まず、LoRa デバイスと Arduino を接続します。 以下のように接続します。

Arduino と LoRa デバイス

Arduino と LoRa デバイス

次に、スルーホール用テストワイヤを使用して、Arduino と GPS モジュールを取り付けます。

Arduino と LoRa デバイス Arduino と LoRa デバイス

ユーザーコンソールを使用した LoRa デバイスの設定

LoRa デバイスの確認

LoRa デバイスは、ソラコムのユーザーコンソールから購入できます。購入方法は、SORACOM Air for LoRaWAN の利用方法をご確認ください。

以下の手順に沿って、ユーザーコンソール上で購入したデバイスが表示されていることを確認してください。

参考
デバイスの受け入れ処理を行っていない場合、ユーザーコンソールに LoRaWAN デバイスが表示されません。ユーザーコンソールの「発注」画面で「受け取り確認」ボタンをクリックしてください。

LoRa グループを作成する

データ送信先の設定をするために LoRa グループを作成します。設定手順は以下のとおりです。

LoRa グループを設定する

続いて LoRa グループに設定を行い、LoRa Space に接続エリアを登録できるようにセットアップします。LoRa グループの設定画面では、以下の手順で LoRa Space の共有ゲートウェイの利用の設定とデータ送信先の設定を行うことができます。

グループ設定

次に、Beamの設定を行います。これにより LoRa Space に位置情報を送信できます。

項目 設定内容
設定名 任意です
ON/OFF ONに設定
プロトコル HTTPS
ホスト名 lora-space.soracom.io
ポート番号 443
パス /api/v1/logs

Beam

デバイスを LoRa グループに登録する

続いて、先に設定した LoRa グループにデバイスを登録します。通信を行うためには、LoRa デバイスは必ず LoRa グループに所属させる必要があります。

以上で、ユーザーコンソールを使用した LoRa デバイスの設定は完了です。

GPS データを送信する

GitHubで公開されている Arduino のライブラリを使用してGPS データを送信します。

Arduino Desktop IDE のインストール

Arduino Desktop IDE(以降、IDE)は、オフラインでも利用可能な Arduino スケッチ開発環境です。Arduino 公式Webサイトの Getting Started Guide の「Install the Arduino Desktop IDE」の中にあるリンクから自分の PC の OS をクリックします。各 OS での操作方法が表示されますので、手順を見ながらインストールを進めてください。

ライブラリのセットアップ

IDE のインストールが完了したら、以下の2つのライブラリをインストールします。

Arduino library for LoRaWAN Device

ライブラリはGitHubで公開しています。ZIP形式でファイルをダウンロードし、IDEでインストールを行って下さい。

TinyGPS

TinyGPS は、GPSモジュールの情報の読み込みに使用します。 GitHubで公開されていますので、同様にZIP形式でファイルをダウンロードし、IDE にインストールします。

IDE のメニューバー > Arduino > Quit Arduino をクリックして IDE をいったん終了し、再起動してください。

PC と Arduino の接続

以下のように PC と Arduino をUSBケーブルで接続してください。

PC と Arduino の接続

次に、IDE を設定します。

スケッチの実行

いよいよスケッチを実行します。

LoRa Space に送信されたデータを確認する

LoRa Space に送信された位置情報を確認します。

SORACOM LoRa Spaceにアクセスし、左上の「接続エリアを登録する」をクリックします。

LoRa Space

ログイン画面が表示されますので、ソラコムのアカウントでログインします。

LoRa Space

ログイン画面が表示されますので、ソラコムのアカウントでログインします。 以下の画面で、対象の LoRa デバイスを選択し、「設定を確認」をクリックします。 LoRa Space

画面の下部に送信された GPS 情報と地図にマッピングされた位置情報を確認することができます。

参考: LoRa Space にデータ登録する際のデータ・フォーマット

LoRa Spaceに位置情報を登録する際のデータ・フォーマットは以下のとおりです。

バイトオフセット 内容
0(先頭) ヘッダー。0x21 固定
1-4 (signed 32bit) latitude(緯度) を100万倍したもの。
例)北緯35.669465度の場合、35669465。南緯はマイナス
5-8 (signed 32bit) longitude(経度)を100万倍したもの。
例)東経139.744276度の場合、139744276。西経はマイナス
9-10 (signed 16bit) altitude(高度)単位はメートル。
例)高度 3776 メートルの場合は 3776。地下、水面下の場合はマイナス

※整数値はすべてリトルエンディアンです。

注意点

はじめに

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

pagetop