SORACOM Users

Getting Started

MS2372h-607 で SORACOM Air を使用する

ここでは、Huawei社製 MS2372h-607 で SORACOM Air for セルラーをご利用いただくまでの手順をご紹介します。

SIM の挿入

まず、MS2372h-607 の蓋をスライドさせ SIM 挿入口を確認します。

ms2372h-607 の外観 ms2372h-607 の蓋を外した様子

続いて SIM を挿入します。MS2372h-607 は標準サイズ (Mini-SIM: 2FF) の SIM がご利用いただけます。平らなところに SIM を置き、押さえながら滑らせるようにスロットに挿入します。

SIM の差し込み方 SIM を差し込んだ様子

OS と MS2372h-607 の設定

Raspberry Pi (Raspberry Pi OS) の設定方法

MS2372h-607 を Raspberry Pi の USB ポートに挿し込みます。どの USB ポートでも構いません。 すると以下のようにシリアルポートとして認識されていることが確認できます。

$ ls /dev/ttyUSB*
/dev/ttyUSB0  /dev/ttyUSB1  /dev/ttyUSB2
補足
  • 本手順は Raspberry Pi OS (Buster) で検証しています。(検証日付:2020/11/4)
  • Raspberry Pi OS にはデフォルトで MS2372h-607 のドライバがインストールされています。
  • ttyUSB0 が Modem port ですが、お使いの環境によっては別のデバイスにアサインされている可能性があります。こちらは適宜読み替えて下さい。

必要なパッケージと設定のインストール

インストール直後の Raspberry Pi OS には、3G/LTE 接続に必要なパッケージがインストールされていません。そのため、一旦有線 LAN などでインターネットに接続し、必要なパッケージをインストールする必要がありますが、そのパッケージのインストールから 3G/LTE 接続に利用する ppp の設定までを一括で行うスクリプト setup_air.sh がご利用いただけます。

Raspberry Pi がインターネット接続できている状態で、ターミナルから以下のコマンドを入力します。 curl コマンドのオプションは数字のゼロ (0) ではなく英字のオー (O) ですのでご注意ください。

$ curl -O https://soracom-files.s3.amazonaws.com/setup_air.sh
$ sudo bash setup_air.sh
注意
    plan-DU の SIM をご利用の場合はスクリプトの引数に plan-DU のアクセスポイント名 (du.soracom.io) をつけて実行してください。
    $ sudo bash setup_air.sh du.soracom.io 

setup_air.sh の実行結果は、最終的には下記のようなメッセージとなります。

$ sudo bash setup_air.sh
.
.
.
--- 4. Initialize Modem
found HUAWEI LTE USB dongle. Configuring APN ...
spawn cu -l /dev/ttyUSB0
Connected.
ATE1
OK
AT+CGDCONT?
+CGDCONT: 0,"IP","soracom.io","",0,0,0,0,0,0
+CGDCONT: 1,"IP","soracom.io","",0,0,0,0,0,0
+CGDCONT: 2,"IP","","",0,0,0,0,0,0

OK
AT+CGDCONT=0,"IP","soracom.io"
OK
AT+CGDCONT=1,"IP","soracom.io"
OK
AT+CGDCONT?
+CGDCONT: 0,"IP","soracom.io","",0,0,0,0,0,0
+CGDCONT: 1,"IP","soracom.io","",0,0,0,0,0,0
+CGDCONT: 2,"IP","","",0,0,0,0,0,0

OK
re-plug modem or reboot OS
ok.
Now you are all set.

Tips:
 - When you plug your usb-modem, it will automatically connect.
 - If you want to disconnect manually or connect again, you can use 'sudo ifdown wwan0' / 'sudo ifup wwan0' commands.
 - Or you can just execute 'sudo wvdial'.

これで、自動的に MS2372h-607 が初期化され、Raspberry Pi が SORACOM 経由でインターネットに接続されるようになりました。 また、再起動時や MS2372h-607 を接続した際にも、自動的に接続されるようになっています。

接続確認

MS2372h-607 を Raspberry Pi に挿入するとセルラー通信が開始されます。ifconfig ppp0 で確認してみます。

$ ifconfig ppp0
ppp0      Link encap:Point-to-Point Protocol
          inet addr:10.xxx.xxx.xxx  P-t-P:10.64.64.64  Mask:255.255.255.255
          UP POINTOPOINT RUNNING NOARP MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:133 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:134 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:3
          RX bytes:2092 (2.0 KiB)  TX bytes:4039 (3.9 KiB)

また、ping pong.soracom.io を実行することで、SORACOM プラットフォームに接続できていることが確認できます。

$ ping pong.soracom.io
PING pong.soracom.io (100.127.100.127) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=1 ttl=64 time=39.4 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=2 ttl=64 time=50.7 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=3 ttl=64 time=47.8 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=4 ttl=64 time=45.8 ms
setup_air.sh を実行しても接続できない場合
  • Raspberry Pi を再起動(sudo reboot -h now)することで接続されるかどうかをご確認ください。
  • SIM が正しく挿入されているかどうかをご確認ください。
  • LAN ケーブルを抜く、或いは Wi-Fi を無効にして接続されるかどうかをご確認ください。

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Funk

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

SORACOM Krypton

SORACOM Lagoon

SORACOM Mosaic

SORACOM Napter

SORACOM Orbit

SORACOM Peek

SORACOM LTE-M Button

GPS マルチユニット SORACOM Edition

IoT 体験キット

Device

サービス機能詳細

Developer Tools

Design Patterns

pagetop