SORACOM Developers

SORACOM Napter 監査ログを利用する

当ガイドでは、SORACOM Napter(以降、Napter)の監査ログを利用します。

はじめに

Napter は、IoT SIM を使用したデバイスへ簡単にセキュアにリモートアクセスできます。お客様はサーバー環境を用意することなく、また IoT デバイス側にエージェント等をインストールすることなく、IoT SIMを利用しているIoTデバイスにリモートからセキュアなアクセスが可能となります。

Napter概要

Napter 監査ログを有効化することで、お客様は Napter を使用したデバイスへの監査ログを確認できます。監査ログには以下が出力され、1年間(366日間)保存されます。

監査ログの詳細はSORACOM Napter 機能の説明をご確認ください。

当ガイドは以下の2つのステップです。

当ガイドの前提は以下のとおりです。

各種デバイスでの IoT SIM の使用は各種デバイスで SORACOM Air を使用するを参考にしてください。

ステップ 1: Napter の監査ログを有効化する

ユーザーコンソールのメニューから「監査ログ」をクリックします。

Napter監査ログ

以下の画面が表示されます。(監査ログは24時間分は表示されます。)保存期間を延長することで、1年分(366日分)が保存されます。

「保存期間を延長する」をクリックします。

Napter監査ログ

当操作はルートアカウントのみ行なえます。SAMユーザーでは有効化/無効化できません。

内容を確認して、「変更する」をクリックします。

Napter監査ログ

以上で監査ログを有効化できました。

ステップ 2: Napter でSSH接続する

次に Napter でSSH接続します。

ソラコムユーザーコンソールの SIM 管理メニューからSIMを選択して「オンデマンドリモートアクセス」を選択します。

Napter

接続先の情報を設定します。

当ガイドでは、SSHでのアクセスを行います。そのため、アクセスポートには 22 を選択します。アクセス可能時間は任意です。 アクセス元IPアドレスレンジはデフォルト(ブランク)でも構いませんが、 以下のサイトなどで確認してもよいでしょう。

https://whatismyipaddress.com/

なお、アクセス元IPアドレスレンジはカンマ区切りで複数のアドレス範囲を指定することも可能です。

Napter

続いて「OK」をクリックし、リモートアクセスを実行します。

注意
Napter利用費用が発生します。ただし、無料枠がありますのでSORACOM Napter のご利用料金をご確認ください。

以下のようにアクセス情報が表示されます。

Napter

続いて、さきほど表示された情報からSSHで接続します。 使用している IoT SIM がオンラインであることを確認してください。

ここでは表示された情報を以下とします。

PCなど、インターネットに接続できる環境から、以下のように SSH で接続します。(IPアドレス、ポート番号は適宜置き換えてください。)

ssh -p<ポート番号> username@xx.xx.xx.xx


SSHで接続できることを確認してください。

ステップ 3: Napter の監査ログを確認する

監査ログを確認します。 ユーザーコンソールのメニューから「監査ログ」をクリックします。

Napter監査ログ

以下のように日時、IMSI、イベントタイプ、詳細を確認できます。

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Funk

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

SORACOM Krypton

SORACOM Lagoon

SORACOM Napter

Gadgets

Device

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop