SORACOM, INC.

User Console »
Getting Started

Sigfox デバイス Sens’it をセットアップする

当ガイドでは、Sigfox デバイス Sens'it のセットアップ方法を紹介します。Sens'it から送信されたデータを SORACOM Harvest を使用して確認します。

以下の流れで進めます。


Sigfox デバイスの受取確認をする

発注した Sens'it が届いたら、ソラコムのコンソールから「受取確認」を行います。

ソラコムのコンソールにログインして、「発注」メニューをクリックします。

対象のデバイス(ここでは Sens'it)の「受取確認」をクリックしてください。

正常に登録されると、「Sigfoxデバイス管理」メニューに表示されます。

Sigfox グループを作成して、Harvestを設定する

ユーザーコンソールから、「Sigfox グループ」を選択します。 「追加」をクリックして、新規にグループを作成します。

グループ名を入力します。

以下のようにグループが作成されました。次に作成したグループをクリックします。

グループの設定画面で「SORACOM Harvest」の設定を ON にして保存します。 あわせて SORACOM プラットフォーム側で Sens'it からのデータをデコードする場合はバイナリパーサー設定を ON にして「フォーマット」に「@sensit」を入力して保存します。このフォーマットの詳細はこちらのブログ をご参照ください。

Sens'it からデータを送信する

Sens'it の利用にあたって、充電方法と動作モードについて紹介します。 詳細については、Sens'it 取扱説明書をご確認ください。ただし、取扱説明書内の www.sensit.io に関するサービスはご利用いただけません。

充電方法

Sens'it は Micro USB ケーブルを装置側面の USB コネクタに挿入して充電します。充電開始するとバッテリーLEDが赤色点灯します。充電完了で消灯します。メインLEDが2回赤色点滅した場合には、バッテリー残量が少なく充電が必要です。

動作モード

動作モード LED 概要
温湿度モード グリーン点滅 温室度センサのデータを1時間おきに送信します。
照度モード イエロー点滅 照度センサーのデータを1時間おきに送信します。
ドア開閉検知モード ブルー点滅 ドアに固定することでドア開閉を検知してアラート通知します。
振動検知モード ダークブルー点滅 製品自体の振動を検知してアラート通知を送信します。
マグネットモード パープル点滅 製品右側面の磁気センサにマグネットが接近すると検知して アラート通知します。
ボタンモード 白点滅 製品のボタンを二度押しすると検知してアラート通知します。

各ボタン、LED と動作モードの切り替え

データの送信

充電が完了すれば、設定したモードでデータは送信されます。

Harvest でデータを確認する

Sens'it のグループを変更します。さきほどHarvestを設定したグループにします。

対象のデバイスを選択して、「所属グループ変更」をクリックします。

グループを選択します。

Sens'it からデータが送信されていることを確認してください。 Harvestに送信されているデータを確認します。デバイスを選択して、「データを確認」をクリックします。

以下のように送信されたデータを確認できます。

バイナリパーサー設定を ON にして「@sensit」を指定している場合はセンサーデータを見やすくするために凡例の以下の文字列をクリックして表示・非表示を切り替えて、表示するグラフを絞ることをおすすめします。

以上で、「Sigfoxデバイス Sens’it をセットアップする」は完了です。

はじめに

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

pagetop