SORACOM Developers

Getting Started

Sigfox Shield for Arduino をセットアップする

はじめに

このドキュメントでは、UnaBiz社製 Sigfox Shield for Arduino(以降、UnaShield) のセットアップ方法を紹介します。UnaShield から送信されたデータを SORACOM Harvest を使用して確認します。

以下の流れで進めます。


Sigfox デバイスの受取確認をする

発注した UnaShield が届いたら、ソラコムのコンソールから「受取確認」を行います。

ソラコムのコンソールにログインして、「発注」メニューをクリックします。

対象のデバイス(ここでは UnaShield)の「受取確認」をクリックしてください。

正常に登録されると、「Sigfoxデバイス管理」メニューに表示されます。

Sigfox グループを作成して、Harvestを設定する

ユーザーコンソールから、「Sigfox グループ」を選択します。 「追加」をクリックして、新規にグループを作成します。

グループ名を入力します。

以下のようにグループが作成されました。次に作成したグループをクリックします。

グループの設定画面で「SORACOM Harvest」の設定を ON にして保存します。 あわせて SORACOM プラットフォーム側で UnaShield からのデータをデコードする場合はバイナリパーサー設定を ON にして「フォーマット」に「@unashield」を入力して保存します。定義済みフォーマット機能の詳細はこちらのブログ をご参照ください。

SORACOM 側の設定は、以上で完了となります。

UnaShield をセットアップする

まず、UnaShield と Arduino UNO R3 を接続します。続いてアンテナを本体に接続したら、セットアップは完了です。

Arduino 開発環境のセットアップ

まずは Arduino 公式Webサイトの Getting Started Guide に沿って最新バージョンの開発環境を準備します。 Arduino から提供されている開発環境は2種類あり、PC にインストールして使うタイプの Arduino Desktop IDE と、Web ブラウザ上でスケッチを編集できる Arduino Web Editor が用意されていますが、このドキュメントでは Desktop IDE のセットアップ方法を解説します。

Arduino Desktop IDE のインストール

Arduino Desktop IDE(以降、IDE と記します)は、オフラインでも利用可能な Arduino スケッチ開発環境です。Arduino 公式Webサイトの Getting Started Guide にアクセスし、「Install the Arduino Desktop IDE」の中にあるリンクから自分の PC の OS をクリックします。各 OS での操作方法が表示されますので、手順を見ながらインストールを進めてください。

ライブラリのセットアップ

IDEのインストールが完了したら、UnaBiz Arduino ライブラリーをインストールします。

ライブラリファイルのインストール

ライブラリはGitHubで公開されています。ZIP形式でファイルをダウンロードし、IDEでインストールを行って下さい。

IDE menu

サンプルスケッチの実行

シリアルポートが正しく認識・選択されている事を確認します。

Serial Port Check

ファイル → スケッチ例 → unashield-arduino-master → DemoTestUnaShieldV2SRCZ3 を開きます。

Open sample sketch

「→」 ボタンを押して、プログラムを Arduino ボードに書き込みます。

Write program

プログラムの書き込みが完了したら、右上のボタンを押してシリアルモニタを開きます。

Open Serial Monitor

無事に接続されると、下記画像のようにログが流れると思います。

Serial Monitor

Harvest でデータを確認する

Harvestに送信されているデータを確認します。デバイスを選択して、「データを確認」をクリックします。

以下のように送信されたデータを確認できます。送信されたバイナリデータが、バイナリパーサー機能により JSON 形式として変換されており、グラフに描画されています。

TIPS: グラフ右上の凡例の●をクリックする事で、表示・非表示を切り替える事が出来ます。 本ページで使用しているスケッチであれば、ctr/tmp/vit を選ぶとよいでしょう。

以上で、本ガイドは完了です。他のサンプルスケッチも参考になりますので、ぜひ実行して見てください。

参考リンク

SORACOM paltformを利用する際には不要な手順等も含まれますので、ご注意ください

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop