SORACOM Developers

SORACOM Air for Sigfox

Sigfox デバイス設定ガイド

Getting Started

このドキュメントでは、ユーザーコンソールを使って Sigfox デバイスを管理・設定する方法を紹介します。SORACOM Air for Sigfox の全体像は SORACOM Air for Sigfox Geting Started を参照してください。

上記のステップでは、通信を行うための基本設定と疎通確認の手順を解説します。さらに発展した使い方は、本ドキュメント後半の「応用編」で紹介します。

当ガイドの前提は以下のとおりです。

ステップ 1: Sigfox デバイスの設定をする

Sigfox デバイスの確認と設定を行います。Sigfox デバイスはユーザーコンソールの「発注」画面で受け取り確認を行った時点で、お客様のアカウントに登録されます。まずは以下の手順に沿って、ユーザーコンソール上で自分が所有している Sigfox デバイスが表示されていることを確認しましょう。

ユーザーコンソール左上のメニューから「Sigfox デバイス管理」を開きます。

sigfox device management

デバイス一覧に自分が所有している Sigfox デバイスが表示されていることを確認します。

参考
ユーザーコンソールに Sigfox デバイスが表示されていない場合、デバイスの受け入れ処理が未済かもしれません。ユーザーコンソールの「発注」画面で「受け取り確認」ボタンをクリックしてください。

ステップ 1-1: Sigfox グループを作成する

Sigfox デバイスがアカウントに紐付いて登録されていることを確認したら、データ送信先などの設定をするために Sigfox グループを作成します。設定手順は以下のとおりです。

ユーザーコンソール左上のメニューボタンから「Sigfox グループ」をクリックします。

sigfox group management

Sigfox グループの一覧画面が表示されたら、画面左上の「追加」ボタンをクリックします。

add sigfox group

Sigfox グループ名を入力し「グループ作成」ボタンをクリックするとグループの作成完了です。

create sigfox group

ステップ 1-2: Sigfox グループの設定を確認・変更する

引き続き Sigfox グループに設定を行い、デバイスが通信できるようにセットアップします。Sigfox グループの設定画面では以下の手順でデータ送信先の設定を行うことができます。

sigfox group binary parser

ステップ 1-3: Sigfox デバイスを Sigfox グループに登録する

続いて、先に設定した Sigfox グループに Sigfox デバイスを登録します。通信を行うためには、1つの Sigfox デバイスを必ず1つの Sigfox グループに所属させる必要があります。

register sigfox device: device list
register sigfox device

ステップ2:SORACOM Harvest を使って疎通確認する

Sigfox デバイスで収集したデータは、Beam, Funnel, Harvest いずれかのサービスを使って送信できます。今回は設定の簡単な Harvest を使ってデータ送信を行い、デバイスが通信できているかどうか確認を行います。他のサービスを使ってデータを送信する方法は、当ドキュメントの応用編を参照してください。

注意
  • SORACOM Harvest は有料のサービスです。Harvest を有効にするとデバイス1台1日あたり5円の料金が発生しますのでご留意ください。
  • 1つの Sigfox グループに複数のサービスの設定が含まれている場合、サービス名の頭文字の ABC 順が最も若いものだけが有効となります。一度に複数のサービスにデータ送信することはできません。例えば、1つの Sigfox グループで Beam, Funnel, Harvest が全て有効になっている場合、Beam にデータが送信されます。

各 Sigfox デバイスの SORACOM Harvest の設定については以下の各デバイスのドキュメントを参照してください。

参考: よくあるご質問

SORACOM Air for Sigfox についてよくあるご質問と回答はサポートセンターFAQに掲載しております。ぜひご一読ください。

応用編: 各種サービスへのデータ送信

こちらのセクションでは、Sigfox デバイスのより発展的な使い方を紹介します。

応用編 1: Beam を使ってデータを送信する

設定

sigfox beam

Beam の基本的な使い方は SORACOM Beam を使用して安全にデータを送信する を、Beam の機能詳細は Beam 仕様詳細を参照してください。

疎通確認

データ転送先に指定したサーバでデータが受信できていることを確認します。

応用編 2: Funnel を使ってデータを送信する

設定

sigfox beam

Funnel の基本的な使い方は Kinesis Firehose アダプターを使用してクラウドにデータを収集する(コンソール版) を、機能詳細は Funnel 仕様詳細 を参照してください。

疎通確認

データ転送先に指定したクラウドサービス(AWS Kinesis Firehose, Azure Event Hubs 等)でデータが受信できていることを確認します。

SORACOM Air for Sigfox では、指定した Sigfox デバイスにデータを送信できます。ダウンリンクメッセージは Sigfox Platform にセットされます。Sigfox デバイスからのダウンリンクメッセージ取得要求リクエストを Sigfox Platform が受信し、かつ Sigfox Platform にダウンリンクメッセージがセットされている場合、 Sigfox デバイスはそのダウンリンクメッセージを受信します。

送信できるデータは16進数でエンコードされたバイナリデータの文字列です。バイナリデータの最大サイズは8 octets(16進数エンコードされた文字列で16文字)で、文字列は大文字・小文字問わず送信できます。

ユーザーコンソールを使ってダウンリンク機能を利用する手順は以下のとおりです。

sigfox downlink: device list
sigfox downlink

各デバイスにおけるダウンリンク通信の詳細につきましては以下のドキュメントを参照してください。

以下のブログ記事についてもあわせて参照してください。

注意
  • 送信したデータが Sigfox デバイスに到達することは保証されません。未送信のデータが既に Sigfox Platform 上にあった場合には、最新の受信データで上書きされます。
  • SORACOM Air for Sigfox のダウンリンク通信は、デバイスあたり 4 回/日まで送信可能です。

Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

サービス機能詳細

Developer Tools

pagetop