SORACOM Users

IoT 体験キット

IoT 体験キット 〜簡易監視カメラ〜をセットアップする

ステップ 3: 温度センサーのデータをSORACOM Harvest Data で可視化する

セットアップ

配線する

Raspberry Pi の GPIO (General Purpose Input/Output) 端子に、温度センサーを接続します。電源ピン (赤いケーブル) は最後に挿してください。温度センサーの向きにもご注意ください。

回路図

使うピンは、3.3V の電源ピン (01)、Ground、GPIO 4 の3つです。

配線図

Raspberry Pi でセンサーを使えるように設定する

Raspberry Pi の設定として、2つのファイルに追記して(以下の例では cat コマンドで追記していますが、vi や nano などのエディタを利用してもよいです)、適用するために再起動します。

実行コマンド
sudo su -
cat >> /boot/config.txt
dtoverlay=w1-gpio-pullup,gpiopin=4

(Ctrl+D を押します)

cat >> /etc/modules
w1-gpio
w1-therm

(Ctrl+D を押します)

reboot

しばらく待つと、再起動が完了します。もう一度 Raspberry Pi にログインしてください。

ログインできたら、Raspberry Pi がセンサーを認識できているか確認します。再起動後、センサーは /sys/bus/w1/devices/ 以下にディレクトリとして現れます (28- で始まるものがセンサーです)。

実行コマンド
ls /sys/bus/w1/devices/
実行例
pi@raspberrypi:~ $ ls /sys/bus/w1/devices/
28-0000072431d2  w1_bus_master1

トラブルシュート: もし 28- で始まるディレクトリが表示されない場合は、配線が間違っている可能性があります。特に温度センサーの向きに注意してください。

ファイル名は、センサー1つ1つ異なる ID がついています。センサー値を cat コマンドで読み出してみましょう。

実行コマンド
cat /sys/bus/w1/devices/28-*/w1_slave
実行例
pi@raspberrypi:~ $ cat /sys/bus/w1/devices/28-*/w1_slave
ea 01 4b 46 7f ff 06 10 cd : crc=cd YES
ea 01 4b 46 7f ff 06 10 cd t=30625

t=30625 で得られた数字は、摂氏温度の 1000 倍の数字となってますので、この場合は 30.625 度となります。センサーを指で温めたり、風を送って冷ましたりして、温度の変化を確かめてみましょう。

トラブルシュート: もし数値が0となる場合、抵抗のつなぎ方が間違っている可能性があります

SORACOM Harvest Data にデータを送信する

センサーで取得した温度を可視化してみましょう。

本ハンズオンでは SORACOM Harvest Data を使ってデータの可視化行います。

構成図

SORCOM Harvest Data とは

SORACOM Harvest Data (以下、Harvest Data) は、IoT デバイスからのデータを収集、蓄積するサービスです。

SORACOM Air が提供するモバイル通信を使って、センサーデータや位置情報等を、モバイル通信を介して容易に手間なくクラウド上の「SORACOM」プラットフォームに蓄積することができます。 保存されたデータには受信時刻や SIM の ID が自動的に付与され、「SORACOM」のユーザーコンソール内で、グラフ化して閲覧したり、API を通じて取得することができます。なお、アップロードされたデータは、40 日間保存されます。

SORACOM Harvest の概要

注意 SORACOM Harvest Data を使うには追加の費用がかかります 書き込みリクエスト: 1 日 2000 リクエストまで、1SIM あたり 1 日 5 円 1 日で 2000 回を超えると、1 リクエスト当り 0.004 円

SORACOM Harvest Data を有効にする

SORACOM Harvest Data を使うには、Group の設定で、Harvest を有効にする必要があります。

グループ設定を開き、SORACOM Harvest を開いて、ON にして、保存を押します。

Harvest Data の有効化

プログラムのダウンロード・実行

実行コマンド
sudo wget http://soracom-files.s3.amazonaws.com/temperature.sh
sudo chmod +x temperature.sh
./temperature.sh
実行例
pi@raspberrypi:~ $ sudo wget http://soracom-files.s3.amazonaws.com/temperature.sh
--2019-09-27 01:45:54--  http://soracom-files.s3.amazonaws.com/temperature.sh
Resolving soracom-files.s3.amazonaws.com (soracom-files.s3.amazonaws.com)... 52.219.1.37
Connecting to soracom-files.s3.amazonaws.com (soracom-files.s3.amazonaws.com)|52.219.1.37|:80... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 515 [text/plain]
Saving to: ‘temperature.sh.3’

temperature.sh.3              100%[=================================================>]     515  --.-KB/s    in 0.1s

2019-09-27 01:46:00 (3.61 KB/s) - ‘temperature.sh.3’ saved [515/515]

pi@raspberrypi:~ $ sudo chmod +x temperature.sh
pi@raspberrypi:~ $ ./temperature.sh
sending payload={"temperature":28.437}  ... done.

停止する場合は Ctrl + C (Ctrl キーを押しながら C キーを押す) を行ってください。

トラブルシュート 以下のようなエラーメッセージが出た場合には、設定を確認してください。

  • {"message":"No group ID is specified: xxxxxxxxxxxxxxx"} → SIM にグループが設定されていない
  • {"message":"Configuration for SORACOM Harvest is not found"} → グループで Harvest を有効にしていない

ユーザーコンソールで可視化されたデータを確認する

コンソールから、送信されたデータを確認してみましょう。

SIM を選択して、操作から「データを確認」を選びます。

SIM操作メニュー

下記のようなグラフが表示されていると思います。

Harvestグラフ

スクリプトのデフォルト設定では 60 秒に一度データが送信されます。自動更新のボタンをオンにすると、グラフも自動的に更新されます。

とても簡単に可視化が出来たのがおわかりいただけたと思います。 さらに高度な可視化をしたい場合は、SORACOM Lagoon の利用を検討してください。


Getting Started

SORACOM Air for セルラー

SORACOM Air for LoRaWAN

SORACOM Air for Sigfox

SORACOM Beam

SORACOM Canal/Direct/Door

SORACOM Endorse

SORACOM Funnel

SORACOM Funk

SORACOM Gate

SORACOM Harvest

SORACOM Inventory

SORACOM Junction

SORACOM Krypton

SORACOM Lagoon

SORACOM Mosaic

SORACOM Napter

SORACOM LTE-M Button

GPS マルチユニット SORACOM Edition

IoT 体験キット

Device

サービス機能詳細

Developer Tools

Design Patterns

pagetop