SORACOM, INC.

User Console »
Development tools

Arduino library for LoRaWAN Device

Arduino library for LoRaWAN Device は、LoRa Arduino 開発シールドでのスケッチ(プログラム)作成を補助するライブラリです。

このドキュメントでは、以下のステップでセットアップ方法を解説します。

Arduino 開発環境のセットアップ

まずは Arduino 公式Webサイトの Getting Started Guide に沿って最新バージョンの開発環境を準備します。Arduino から提供されている開発環境は2種類あり、PC にインストールして使うタイプの Arduino Desktop IDE と、Web ブラウザ上でスケッチを編集できる Arduino Web Editor が用意されていますが、このドキュメントでは Desktop IDE のセットアップ方法を解説します。

Arduino Desktop IDE のインストール

Arduino Desktop IDE(以降、IDE と記します)は、オフラインでも利用可能な Arduino スケッチ開発環境です。Arduino 公式Webサイトの Getting Started Guide にアクセスし、「Install the Arduino Desktop IDE」の中にあるリンクから自分の PC の OS をクリックします。各 OS での操作方法が表示されますので、手順を見ながらインストールを進めてください。

ライブラリのセットアップ

IDEのインストールが完了したら、Arduino library for LoRaWAN Device をインストールします。

ライブラリファイルのインストール

ライブラリはGitHubで公開しています。ZIP形式でファイルをダウンロードし、IDEでインストールを行って下さい。

IDE menu

サンプルスケッチ(Hello_lora.ino)の実行

ここまでのステップで IDE のセットアップは完了です。LoRa Device を LoRa Gateway に接続し、10秒おきに Hello! LoRa という文字列を送信するサンプルスケッチを実行してみましょう。IDE の操作方法は一般的な Arduino スケッチのときと同じです。

データ送信ログのサンプル

Sending ... Hello! LoRa
sending 'Hello! LoRa' to port 1
lorawan tx ucnf 1 48656c6c6f21204c6f5261
sendCmd: lorawan tx ucnf 1 48656c6c6f21204c6f5261

>> Ok
>> tx_ok
参考
LoRa Gateway のネットワークに LoRa Device が参加するまでに多少時間がかかる場合がありますが、数分以内に接続できるのであれば問題ありません。

応用例1:SORACOM Harvest へのデータ送信(Uptime.ino)

Arduino 開発シールドのデータは SORACOM Beam, Funnel, Harvest いずれかのサービスを使って送信されます。ライブラリファイルに付属しているサンプルスケッチ Uptime.ino を使うと、Harvest にデータを送信することができます。

IDE を起動し、メニューバー > ファイル > スケッチ例 > SORACOM-LoRaWAN-0.1 > Uptime を選択すると、スケッチの内容を確認できます。

Uptime を使って Harvest にデータを送信するには、あらかじめ LoRa グループで Harvest を有効化し、LoRa デバイスをそのグループに登録する必要があります。設定方法の詳細は LoRaWAN デバイス設定ガイド を参照してください。

応用例2:温度センサによるデータ取得と送信(Temperature.ino)

Arduino 開発シールドは GPIO(General Purpose Input/Output)を使った入出力に対応しています。ライブラリファイルに付属しているサンプルスケッチ Temperature.ino では、温度センサを使ってデータを取得し LoRaWAN 経由で送信することができます。ぜひこちらもお試しください。

IDE を起動し、メニューバー > ファイル > スケッチ例 > SORACOM-LoRaWAN-0.1 > Temperature を選択すると、スケッチの内容を確認できます。

なお、Temperature.ino を実行するには、温度センサや抵抗、ジャンパ線などの準備と、追加の Arduino ライブラリが必要です。詳しくは Temperature.ino のプログラム冒頭にあるコメントを参照してください。

参考: よくあるご質問

LoRa ゲートウェイ、デバイスの製品仕様については、下記FAQにある「製品仕様の詳細」セクションを参照してください。

その他、SORACOM Air for LoRaWAN についてよくあるご質問と回答はサポートセンターFAQに掲載しております。ぜひご一読ください。

pagetop