SORACOM Users

Virtual Private Gateway 開発者向けガイド

Virtual Private Gateway とは

Virtual Private Gateway (VPG)とは、SORACOM の各種サービスを利用する上で重要な役割を担う機能コンポーネントです。

SORACOM Air for セルラーは SORACOM IoT SIM を提供し、モバイルネットワークを活用し、お客様の端末をクラウドに接続するサービスで、デフォルトでは各デバイスはインターネットへの接続を提供するゲートウェイに接続され、インターネット経由で任意の宛先への通信が提供されます。これに対し、VPG はお客様からのリクエストに応じて個別に用意されるお客様専用のゲートウェイです。VPG の有効化・無効化は、SORACOM IoT SIM のグループごとに設定を行います。これによって、通信を経由させる VPG をグループ単位で切り替えることができます。

当ガイドでは、VPG について以下の事項を解説します。


VPG の利用例

VPG の代表的な利用例は、Amazon Web Services(AWS)上のお客様のシステムとのプライベート接続を提供する SORACOM Canal、任意のクラウドやオンプレミスシステムとの専用線接続を提供する SORACOM Directを利用する際のお客様側システムとの相互接続点としての用途です。VPG を SORACOM Canal 及び SORACOM Direct を活用してお客様のシステムと接続し、さらに SORACOM Air のグループ機能で VPG を有効化することで、そのグループの SIM カードを使うデバイスからの通信を直接お客様のシステムにルーティングできます。

他にも、SORACOM Door, SORACOM Gate, SORACOM Junction, SORACOM PeekでもVPGが利用されます。また、VPGを設定したグループからSORACOM Beamを利用すると通信の出口はVPGとなります。

VPGの特徴

VPG は複数ノードで構成された高い可用性を持つ仮想ゲートウェイであり、以下の特徴を持っています。

VPGの特徴

IP アドレスの割当方式

VPG の IP アドレス

項目 内容
IP アドレスレンジ 100.64.0.0/10 (Shared Address Space RFC6598)
割当方式 自動的に割り当てられます。現状では特定の IP アドレスを指定することはできません。
IP アドレスの変更可能性 一度割り当てられた IP アドレスは VPG を削除するまで変わりません。
オプション機能 インターネット接続オプションありのVPGで VPG 固定グローバルIPアドレスオプション機能 を有効化すると、VPGからの出口となるグローバルIPアドレスを固定できます。

VPG 経由で接続するデバイスのIPアドレス

項目 内容
IP アドレスレンジ デフォルト:10.128.0.0/9
※ VPG作成時に任意の IP アドレスレンジを指定できますが、以下は指定できません。
100.64.0.0/10、198.18.0.0/15、10.0.0.0/8 (10.0.0.0/8 はJPカバレッジのみ指定できません。)
割当方式 デフォルト:自動割り当て
※ただし、IP アドレスを指定して割り当てることができます。Gate を使用するとデバイスに割り振られた IP アドレスでデバイスにアクセスできます。
IPアドレスの変更可能性 基本的に1つのデバイスには同じIPアドレスが割り当てられますが、デバイスに対して IP アドレスが不足した場合は IP アドレスが変更となる可能性があります。

VPG のタイプ

VPG Type-E

VPG Type-E はお客様システムとの閉域網接続が不要なケースにおいてお客様専用ゲートウェイ(VPG)を安価 にご利用いただけます。ご利用いただける機能としては、固定グローバル IP アドレスオプション、Outbound Filter、SORACOM Gate D2D (デバイス間通信サービス) 、SORACOM Peek (パケットキャプチャサービス)をご利用いただけます。 また、SIM のセルラー通信経由で実行される「SORACOM Beam(データ転送)」「SORACOM Funnel(クラウドアダプタ)」「SORACOM Funk (クラウドファンクション)」のアプリケーションサービス、カスタム DNS 機能および CHAP 認証機能が基本料金に含まれます。

VPG Type-F

VPG Type-F は、従来 Type-C/D で提供していた Amazon VPC との ピアリング (SORACOM Canal)、Type-D のみで利用可能であった VPN (SORACOM Door)、専用線接続 (SORACOM Direct) に加えて、新たに AWS Transit Gateway をご利用いただけます。

VPG Type-E/F 共通

VPG Type-F

VPG タイプとサービス対応状況

 VPG    Type   VPC Peering (Canal) VPN (Door) Direct Connection (Direct) Transit Gateway (Canal) Gate (C2D) Gate (D2D) Junction Peek 固定グローバル IP アドレス 完全閉域
Type-E × × × × × ×
Type-F
Type-C × × × ×
Type-D × ×
注意
  • VPG Type-C は2021年8月より新規作成を停止します。VPG Type-D は2021年1月より新規作成受付を停止します。
  • 「Type-E」は「インターネットゲートウェイを使う」を「OFF」にできませんが、OutboudFilter 機能を使用することで完全閉域を実現できます。
  • VPG の料金

    VPG の利用料金は、セットアップ/設定変更料金、基本料金で構成されます。詳しくは 課金体系のページFAQ をご覧ください。

    注意
  • セットアップ/設定変更料金は VPG の作成/設定変更のタイミングごとに課金されます。
  • VPG 基本料金は起動時間に応じて課金されます。VPG 起動後は課金を一時的に停止することはできません。課金を止めたい場合には、VPG 自体と関連するネットワーク接続(VPCピア接続、VPN,専用線接続など)を削除してください。
  • Virtual Private Gateway を初めてお使いになる方

    VPG を初めて使用する方には、次のセクションを順に読むことをお勧めします。

    pagetop